Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

気管支拡張薬
気管支拡張薬
気管支拡張薬

正常な呼吸では、空気は鼻から入った後、気管を下降して、気管支と呼ばれる先細りした気道に入ります。ときに、気管支を取り囲む平滑筋が収縮し、粘液の量が増えることがあり、このような状態になると、呼吸がしにくくなります。一般に、この病気は気管支拡張薬という薬を使って治療します。気管支拡張薬のうち最も一般的なタイプは、抗コリン薬とベータ2作動薬と呼ばれるもので、吸入して使用します。吸入した薬は気道を下降して、気管支の平滑筋細胞に結合します。そうすると、気管支の筋肉が緩み、粘液の量が減り、それにより呼吸が楽になります。