honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

介助分娩
介助分娩
介助分娩

妊婦の子宮では、約40週間にわたって、胎児が保護され育まれます。胎児が十分に育ち、陣痛が始まると、胎児は一連の動きを経て産道を通過しようとします。しかし、ときに胎児が産道で詰まってしまうことがあります。これは、胎児が正常な方向を向いていない場合や、分娩が突然止まった場合、胎児が大きすぎて産道を通れない場合などに起こります。このような状態では、分娩を補助するために吸引分娩を行う場合があります。吸引分娩では、釣鐘状または漏斗状のカップを産道に挿入し、胎児の頭部にあてます。そして手動式または電動式のポンプで吸引します。この吸引によって、胎児の頭が産道から出てくるまで優しく牽引することができます。頭が出たら、カップを取り外し、通常の分娩を進めます。

関連するトピック
吸引・鉗子分娩 分娩