Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
呼気性喘鳴(wheezing)の主な原因と特徴

呼気性喘鳴(wheezing)の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

せき

ときに上気道感染症の症状(鼻づまりなど)

通常、肺疾患の病歴はない

医師の診察

アレルギー反応

突然始まる(通常は既知または可能性のあるアレルゲン[花粉など]への曝露後30分以内)喘鳴

しばしば鼻づまり、じんま疹、目のかゆみ、くしゃみ

医師の診察

通常、喘息の病歴

自然に生じる喘鳴、または特定の刺激(花粉やその他のアレルゲン、上気道感染症、冷たい空気、または運動など)への曝露後に生じる喘鳴

医師の診察

以下のうち1つまたは複数の検査を行うことがあります。

18カ月未満の小児にみられる

北半球では、通常11月から4月に発生

通常上気道感染症の症状(鼻づまりや発熱)に速い呼吸を伴う

医師の診察

中年以降の人

すでにCOPDと診断されている人にみられる

通常長期の喫煙歴

息苦しさ

胸部X線検査

肺機能検査

薬剤(ACE阻害薬、ベータ遮断薬、アスピリン、その他のNSAID)

最近新しい薬を開始した人(特に、喘息などによる気道閉塞の病歴がある人)

医師の診察

異物の吸入

上気道感染症、発熱、または他の病気の症状がない人(通常は乳児または幼児)において、突然始まる高い音の喘鳴またはせき

胸部X線検査、胸部CT検査

慢性または反復性の喘鳴

しばしば胸部や腹部に焼けつくような痛み(胸やけ)があり、特定のものを食べた後、運動中、または横になっているときに悪化する傾向がある

口の中に酸味を感じる(特に起床直後)

声がれ

真夜中または早朝のせき

上気道感染症やアレルギーの症状がない

ときに医師の診察のみ

症状が改善するかを確認するため、H2受容体拮抗薬またはプロトンポンプ阻害薬など、胃酸を抑える薬をときに使用する

ときに食道内にセンサーを留置して、酸性度(pH)を24時間モニタリングする

通常、脚の腫れ(浮腫)

横になったとき、または眠りについて1~2時間後に悪化する息切れ

聴診器で、肺の中に液体がたまっていることを示唆する音が聞こえる

胸部X線検査

ときに血液検査を行い、心臓に負担がかかっているときに分泌される脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)という物質を測定する

刺激物の吸入

仕事中の刺激物への曝露(職業曝露)後、または洗剤の不適切な使用後に突然始まる喘鳴

医師の診察

吸気時と呼気時の喘鳴(特に、がんの危険因子または徴候[喫煙歴、寝汗、体重減少、喀血など]がある人における)

胸部X線検査または胸部CT検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

通常は、指にセンサー(パルスオキシメーター)を取り付けて血液中の酸素レベルを測定します。すでに診断のついた慢性疾患の軽い悪化による症状であることが明らかな場合を除き、通常は胸部X線検査を行います。

ACE = アンジオテンシン変換酵素、COPD = 慢性閉塞性肺疾患、CT = コンピュータ断層撮影、GERD = 胃食道逆流症、NSAID = 非ステロイド系抗炎症薬