honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

ウェルニッケ脳症と蝶

ウェルニッケ脳症と蝶

かつてナイジェリア南西部の一部地域では、毎年8月になると、ウェルニッケ脳症のような症状を示す患者で病院が溢れ返っていました。

専門家たちは、その地域の郷土料理で、良質なタンパク源となっていた蝶の幼虫のローストを食べることが原因ではないかと推測しました。その幼虫の体にはチアミンを破壊する酵素が含まれていて、これを食べることで、ウェルニッケ脳症の原因であるチアミン欠乏症が起こっていたのでした。

ナイジェリアの人々は、今ではこの幼虫を食べないようにするか、チアミンのサプリメントを摂取して欠乏症にならないようにすることで、この病気を予防しています。