Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
失語症患者の検査

失語症患者の検査

失語の種類

症状の説明

医師が行う質問の例

失語症患者による回答の例*

ブローカ失語

質問に対してたどたどしく答えるが、意味は通っている。

「これは何の絵ですか。」(犬が吠えている絵を見せながら)

「い、い、い、えーっと、いや、いい、くそっ、ぺぺ、ペット、そうそう、ペット、ペット、ペット、が、ほ、ほ...うるさいです。」

ウェルニッケ失語

質問に対して流暢に答えるが、意味が通らない。

「今日はお元気ですか?」

「いつですか?ボーブルが来れば私の川は簡単に黒い箱ウィゼル・アバタを流れます。」

伝導失語

話されたまたは書かれた単語、句、文を復唱できず、流暢に話すことはできるものの、しばしば誤った言葉を使う。

今から言う言葉を繰り返してください。「問答無用、弁解不要」

「もんごうぶろう、めんかい...。」

失名詞

物の名前をなかなか言えない。

「これは何ですか。」(ジャケットの襟、腕時計、またはペンを指しながら)

「着るもの、時間が分かるもの、字を書くもの。」

*通常は、いくつかの質問に患者がどのように答えるかに基づいて、失語の種類を特定できます。ここに挙げた回答は、それぞれの種類の失語症患者に典型的なものです。