honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

皮膚の異常に対するレーザー治療

皮膚の異常に対するレーザー治療

レーザーとは、ある特定の色(波長)の強力な光線を作り出す装置です。レーザー光は人体の組織に吸収されなければ影響を生じることはありません。組織がレーザー光を吸収するかどうかは、組織の種類とレーザー光の色によって決まります。例えば、血管は黄色、青色、緑色の光を最もよく吸収しますので、血管の腫瘍を対象とする治療では、これらの色(波長)のレーザーが選択されます。病態に応じて別の色も使われます。レーザー光は、連続照射する場合と、ごく短時間ずつパルス照射する場合があります。パルス照射の照射時間の長さにより、レーザー光の効果が決まります。

レーザー治療は、光線力学療法という、ある特定の光を吸収する化学物質を患者の皮膚表面に塗ったり静脈内注射する手法と併用されることがあります。この化学物質がレーザー光を受けると、そのエネルギーを吸収して腫瘍の破壊を促進します。

血管腫などの血管の増殖物(腫瘍)やポートワイン血管腫などの奇形に対してもレーザー療法が行われることがあります。レーザー療法は、むだ毛、入れ墨、皮膚の変色部、にきびや日焼けのあとを取り除くためにも使われます。