honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

狂犬病ワクチンの接種が必要な人

狂犬病ワクチンの接種が必要な人

米国では、動物に咬まれたときに狂犬病ワクチンを接種するかどうかは、かんだ動物の種類と状態に応じて判断されます。

ペットのイヌ、ネコ、またはフェレットに咬まれた場合:これらのペットが健康そうに見え、10日間観察できるのであれば、その動物に狂犬病の症状が現れない限り、咬まれた人にワクチンを接種することはありません。その動物に狂犬病が疑われる何らかの症状が出現した場合は、咬まれた人に直ちにワクチンを接種します。狂犬病の症状が現れた動物は安楽死させ、脳を調べて狂犬病ウイルスの有無を確認します。かんだ動物が10日を過ぎても健康であれば、かんだ時点で狂犬病はなかったと判断でき、ワクチンの接種は不要です。

かんだ動物が狂犬病を発症した場合や、発症したように見える場合は、咬まれた人に直ちにワクチンを接種します。

かんだ動物が逃げてしまったなどの理由により、健康状態を判定できない場合は、その地域に狂犬病がみられる可能性がどの程度あるか、またワクチンが必要であるかについて、公衆衛生当局の担当者に相談します。

スカンク、アライグマ、キツネ、その他ほとんどの肉食動物、またはコウモリに咬まれた場合:米国では、その個体に検査を行って陰性と判定されない限り、これらの野生動物は狂犬病にかかっているとみなされます。通常、これらの動物に咬まれた人には直ちにワクチンが接種されます。野生動物の場合は、10日間の観察期間を置くことは推奨されません。

咬まれた人がコウモリに咬まれたことに気づいていない場合もあるため、咬まれた可能性があると考えられる場合はワクチンを接種します。例えば、目が覚めたら部屋の中にコウモリがいるといった場合には、ワクチンを接種します。

家畜、小型のげっ歯類、大型のげっ歯類(ウッドチャックやビーバーなど)、ウサギ、またはノウサギに咬まれた場合:個々の事例毎の検討が必要なため、公衆衛生当局の担当者に相談します。ハムスター、モルモット、アレチネズミ、リス、シマリス、ラット、ハツカネズミなど小型のげっ歯類、ウサギ、またはノウサギに咬まれた場合、狂犬病ワクチンの接種が必要になることはまずありません。