Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
高齢者がかかる主な病気

高齢者がかかる主な病気

病気

説明

記憶力やその他の精神機能が次第に失われる。

大動脈の壁が膨張する。治療しないでいると、動脈瘤が破裂して死に至る可能性がある。

萎縮性尿道炎と腟炎

尿道の組織が薄くなり、排尿時に焼けるような痛みを感じる時がある。腟の組織が薄くなり、性交時に痛みを感じる時がある。

前立腺が大きくなり、膀胱から尿が流れ出るのを妨げる。

眼の水晶体が濁り、視力を損なう。

産生された インスリンに体が反応しない。この病気は中年期に発生することがある。インスリンによる治療は不要の場合がある。

眼の一部の圧力が高くなり視神経が損傷される。視力が徐々に低下し、失明する場合もある。通常、緑内障は中年期に発生する。

関節の軟骨が変性し、痛みが生じる。変形性関節症は通常中年期に発生する。

骨密度が低下してもろくなる。その結果、骨折しやすくなる。

脳の神経細胞がゆっくりと進行性に変性し、振戦(ふるえ)や筋肉のこわばり(硬直)が生じ、移動したり平衡を保つのが困難になる。

長く圧迫されることによりその部分の血流が減少し、皮膚が傷つく。

前立腺にがんが発生し、最終的に尿の流れを妨げる。

以前感染した水痘ウイルスが再活性化して水疱を生じ、ときに耐えがたい激痛が長期間続く。

脳の血管が詰まる、または破れる。体の片側の脱力もしくは感覚消失、片眼の視力障害、発語もしくは理解困難、平衡感覚もしくは協調運動の障害、または突然の激しい頭痛などの症状が現れる。

尿の流れをコントロールできず尿漏れを起こす。