Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
首の痛みの主な原因と特徴

首の痛みの主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

一般的であるもののあまり重篤ではない原因

以下のことに当てはまる痛み

  • 通常は脊椎の左右どちらか片側に起こる

  • 動かすとひどくなり、安静にしていると和らぐ

医師の診察

筋肉のけいれん

絶え間ない痛みとこわばり、それにより頭部を左右どちらか(ときに両方向)に回すのが困難か、痛みを伴う

神経系の機能異常の症状(神経症状)はない

医師の診察

以下のことに当てはまる痛み

  • ときとして絶え間なく続く

  • 動かすとひどくなる

手の指の関節や股関節、膝関節に関節炎がある人にしばしばみられる

医師の診察

ときに頸部のX線検査

頸椎症(脊髄神経根の圧迫を伴う)

以下のことに当てはまる痛み

  • しばしば腕へ、ときに手へと広がる

  • 通常は頸部そのものに起こる

ときに腕の筋力低下やしびれ

頸部のMRI検査

上の頸椎症と同じ

頸部のMRI検査

体の多数の部位(首だけに限らない)にみられる、うずくような痛みとこわばり

触れると痛みを感じる部位がある

よく眠れないことが多い

20~50歳の女性に最も多くみられる

医師の診察

一般的でないものの重篤な原因

首の動脈の内層が裂けている

通常は絶え間なく続く頭部、頸部、または顔面の痛み

平衡感覚や味覚の喪失、錯乱、体の左右片側にみられる腕と脚の筋力低下、嚥下困難、発声困難、視力障害など、通常は神経症状がみられる

MRA検査(首の動脈を見えるようにするための造影剤の注入を伴うMRI検査)

血管造影検査

脊椎の骨腫瘍

姿勢や動作にかかわらず、だんだんひどくなる絶え間ない痛み(夜間にも続く)

ときに寝汗または体重減少

MRI検査

ときに生検

骨や近くの組織の感染

姿勢や動作にかかわらず、だんだんひどくなる絶え間ない痛み(夜間にも続く)

ときに寝汗や発熱、体重減少

MRI検査

通常は感染組織のサンプルの培養検査

重度の頭痛

首の痛みが首を前に曲げたときに悪化するが、横にひねったときには悪化しない

通常は発熱や嗜眠、錯乱

腰椎穿刺と髄液の分析

突然でときに繰り返す発汗、呼吸困難、胸の不快感

通常は心疾患の危険因子がある

心電図検査、心臓の損傷をチェックするために心筋マーカーと呼ばれる物質を測定する血液検査、心臓カテーテル検査や負荷試験などの画像検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

MRA = MRアンギオグラフィー、MRI = 磁気共鳴画像。