Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
腰痛の主な原因と特徴

腰痛の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

一般的な原因

以下のことに当てはまる痛み

  • 脊椎の左右片側か両側にしばしば起こる

  • 動かすとひどくなり、安静にしていると和らぐ

  • 典型的には物を持ち上げるとき、前かがみになるとき、体をひねるときに生じる

医師の診察

背部の正中線上かつ限局性の痛み、ときに以下のことに当てはまる

  • 立ち上がると悪化する

  • 座ると和らぐ

  • 片脚を下っていく

  • しびれや筋力低下を伴う

通常は高齢者にみられ、他の関節の痛みや変形がある

X線検査

ときに突然発生する背部の正中線上の痛み

X線検査

ときにCTまたはMRI検査

通常は以下のことに当てはまる背部の正中線上の痛み

  • 片脚を下っていく

  • しびれや筋力低下を伴う

  • せきやくしゃみをしたり、いきんだり、前かがみになることで悪化する

医師の診察

ときにMRI検査

まれにCT検査

腰部脊柱管狭窄症

以下のことに当てはまる背部の正中線上の痛み

  • 背中を伸ばすことで悪化する(歩いたり体を後ろに反らす場合など)

  • 前かがみになるか座ると和らぐ

  • 片脚または両脚を下っていく

通常は高齢者にみられる

医師の診察

ときにMRI検査

脊椎すべり症、ときに脊髄神経根の圧迫を伴う

ときに以下のことに当てはまる背部痛

  • 青年の場合、片側に現れ、片脚を下っていき、骨折を伴うことがある

  • 成人の場合、正中線上に現れ、両脚を下っていき、組織の変性を伴う

  • しびれや筋力低下を伴う

  • 立ち上がるか体を後ろに反らすことで悪化する

しばしば、青年の場合は骨折を伴い、成人の場合は変性を伴う(2つの異なる過程)

X線検査

MRI検査

青年とまれに成人でCT検査

体の多数の部位(腰だけに限らない)にみられる、うずくような痛みとこわばり

触れると痛みを感じる部位がある

よく眠れないことが多い

20~50歳の女性に最も多くみられる

医師の診察

あまり一般的でない原因

こわばりがあり、しばしば起床直後に強い

背中の柔軟性がだんだんなくなっていき、しばしば背中が前方に丸まる

ときに、痛みを伴う眼の充血や他の関節の痛み

若い男性によくみられる

X線検査

血液検査

鼠径部や肛門周辺のしびれ

MRI検査

体の左右どちらかの皮膚に帯状に痛みが現れるが、両側に現れることはない

通常、痛みが出始めてから数日後に、痛みがある帯状の皮膚領域に水疱ができる

医師の診察

がん

体勢や活動にかかわらず悪化していく痛み

ときに食欲不振や体重減少

通常はX線検査

MRIまたはCT検査

感染症

体勢や活動にかかわらず悪化していく、持続的な痛み

ときに発熱や寝汗

背中の手術を受けたことがある人、免疫疾患の患者、免疫系の働きを抑制する薬を飲んでいる人、静脈に注射する薬を使用している人によくみられる

通常はX線検査

MRIまたはCT検査

血液検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている痛みなどの特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

治療せずに痛みがなくなり、警戒すべき徴候がなければ、検査は必要ないことがあります。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像