Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
血尿の主な原因と特徴

血尿の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

主に50歳以上の男性

しばしば排尿開始困難、尿勢低下、残尿感、排尿後尿滴下

直腸指診での前立腺の肥大の所見

PSA値を測定する血液検査

しばしば膀胱の超音波検査により、排尿後に膀胱内に残っている尿の量(排尿後残尿量)を測定

主に50歳以上の人またはこれらのがんの危険因子(喫煙、がんの家族歴、発がん性の化学物質への曝露)がみられる人

ときに排尿時の灼熱感や痛み、尿意切迫感

しばしば全身に影響を及ぼす症状(発熱、悪寒、体重減少、発汗など)

ときにCTまたはMRI検査

通常は成人女性および女児

頻尿と尿意切迫

排尿時の灼熱感または痛み

夜間に排尿のために起きる

ときに血尿または尿の異臭

医師の診察

けが

通常は明らかなけが

通常は腹部および骨盤部のCT検査

ときに赤色または暗色(コーラ色)の尿

ときに感染症の後に起こる

ときに家族内に腎臓または結合組織疾患をもつ人がいる

尿検査

血液検査

長期間続く側腹部または腹部の痛み

高血圧

ときに別の理由で行われた画像検査や医師の診察で腎臓の腫大が検出される

超音波検査

しばしば腹部のCTまたはMRI検査

主に50歳以上の男性

ときに直腸指診で前立腺にしこりが検出される

ときに尿勢低下、排尿開始困難、排尿後尿滴下

PSA値を測定する血液検査

しばしば発熱、排尿開始困難、頻尿、夜間頻尿、排尿時の灼熱感または痛み

しばしば、長期にわたる尿路の閉塞による症状(尿勢低下、排尿困難、排尿後尿滴下)

急性感染症では、直腸指診で明らかになる前立腺の肥大と圧痛(慢性前立腺炎では、目立った症状がみられない場合がある)

医師の診察

尿検査と尿培養検査

ときに経直腸的超音波検査または膀胱鏡検査

通常は鎌状赤血球症がすでに判明している人

主にアフリカ系または地中海系の人

しばしば小児および若い成人

赤血球のヘモグロビン異常の有無を調べる血液検査

腰の側面(側腹部)に激しい痛みが突然起こるか、腹部または鼠径部の痛みが波状に起こる

ときに切迫した尿意があるのに排尿できない

ときに嘔吐

腎臓、尿管、膀胱のCT検査または超音波検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

検査としては、すべての患者で尿検査を行うほか、ほとんどの患者では腎機能を評価するための血液検査、ほとんどの高齢者では腎臓および骨盤部の画像検査を行います。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像、PSA = 前立腺特異抗原。