Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
一般的な解毒剤

一般的な解毒剤

毒性物質

解毒剤

アセトアミノフェン

N-アセチルシステイン

不凍液(エチレングリコールのタイプ)

ホメピゾール

エタノール

ベンゾジアゼピン系薬剤(ジアゼパム、ロラゼパムなど)

フルマゼニル

ゴケグモ抗毒素

ボツリヌス症

ボツリヌス抗毒素

カーバメート系殺虫剤(多数の製品があります—成分を確認してください)

アトロピン

塩化プラリドキシム

シアン化物

ヒドロキソコバラミン

シアン化物解毒剤キット(硝酸アミル、亜硝酸ナトリウム、チオ硫酸ナトリウムなど)

ジギタリス、薬(ジゴキシン)と植物(キョウチクトウ、キツネノテブクロ)を含む

ジゴキシンに対する抗体

重金属(ヒ素、カドミウム、鉛、水銀、亜鉛など)

体内から重金属を除去する薬(キレート剤)、例えばジメルカプロール、エデト酸カルシウムナトリウム、ペニシラミン、サクシマー(succimer

デフェロキサミン

メタノール(木精)

ホメピゾール

エタノール

オピオイド(モルヒネやヘロインなど)

ナロキソン

有機リン系殺虫剤(多数の製品があります—成分を確認してください)

アトロピン

プラリドキシム

サソリによる刺し傷(セントルロイデス属のみ)

セントルロイデス免疫フラグメント抗体

ヘビによる咬み傷*(米国ではガラガラヘビ類とアメリカマムシ類)

ガラガラヘビ(マムシ亜科)抗毒素

ヘパリン

プロタミン

ワルファリン

ビタミンK

新鮮凍結血漿(FFP)

プロトロンビン複合体製剤(PCC)

*抗毒素はヘビの種類に特異的なものです。数多くの抗毒素がありますが、米国における最も毒性の強いヘビの咬傷は、ガラガラヘビ類やアメリカマムシ類によるものです。