Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

耳だれの主な原因と特徴

耳だれの主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

急性の耳だれ(持続期間が6週間未満)

激しい耳の痛み、濃く白っぽい耳だれが出始めると大きく軽減する

医師の診察

慢性中耳炎(急性の再燃)

鼓膜の穿孔や真珠腫(中耳にできる皮膚細胞の良性の増殖性病変)と、過去の耳だれの病歴

医師による診察の際に鼓膜が異常に見える

医師の診察

ときに側頭骨の高分解能CT検査

激しい頭部損傷または最近の脳神経外科手術を原因とする、脳脊髄液の漏出

最近の明らかな頭部損傷または脳神経外科手術

液体は透明なものから血液まである

頭蓋底を含む頭部CT検査

外耳炎(感染性またはアレルギー性)

感染性の場合:しばしば水泳またはけがの後にみられ、激しい痛みがあり耳を引っ張ると強くなる

アレルギー性の場合:しばしば点耳薬の使用後にみられ、感染性の原因の場合と比べて、かゆみと赤みがより強く、痛みが弱い

一般的には、点耳薬が外耳道から垂れている耳たぶに発疹がみられる

両者を伴う場合:外耳道が非常に赤くなり、腫れ、組織片で満たされるが、鼓膜の見た目は正常

医師の診察

慢性の耳だれ(持続期間が6週間以上)

耳だれに血が混じることが多く、痛みは軽い

ときに外耳道に増殖性の病変が見えることがある

一般的には高齢者にみられる

耳の組織の採取と検査(生検)

通常はCTまたはMRI検査

耳の感染の病歴と、一般的には鼓膜の穿孔や真珠腫

外耳炎と比べて痛みは小さい

医師による診察の際に鼓膜が異常に見える

医師の診察

通常は、耳だれのサンプルに微生物を増殖させる処理を行う検査(培養検査)

通常は小児にみられる

排液が悪臭を放ち、膿で満たされている(膿性)

腫れや耳だれで見えなくなっていない限り、しばしば診察の際に異物が見える

医師の診察

しばしば発熱、治療していないまたは治癒していない中耳炎の病歴

乳様突起部の赤みと圧痛

医師の診察

ときにCT検査

通常は免疫不全状態または糖尿病の患者

慢性の激しい痛み

耳の周辺の腫れと圧痛、外耳道の異常な組織

ときに、罹患した側の顔面筋の筋力低下

CTまたはMRI検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。