Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
米国で1年間に浴びる放射線の量

米国で1年間に浴びる放射線の量

放射線源

平均実効線量(ミリシーベルト)

自然界に存在する放射線源

ラドンガス

2.3

その他の地上の放射線源

0.2

太陽光と大気圏外からの放射線

0.3

体内に存在する自然由来の放射性元素

0.3

小計

3.1

人工放射線源

診断用画像検査*

3.0

消費財によるもの

0.1

兵器テストによる放射性降下物

0.01未満

原子力産業

0.01未満

小計

3.1

年間総被曝量

6.2

その他の放射線源(1回毎)

航空機旅行

0.001~0.014/飛行時間

歯科X線検査

0.005

胸部X線検査(後前像)

0.02

胸部X線検査(2方向:後前像および側面像)

0.1

マンモグラフィー

0.4

頭部のCT検査

2

胸部、腹部、または骨盤のCT検査

6~8

下部消化管造影検査

8

核医学検査(骨シンチグラフィーなど)

4.2

*平均値。ほとんどの人は歯科用X線検査やマンモグラフィーなどの検査を行うのみであるため、毎年これらの値よりはるかに低い線量しか受けていません。その一方で、数は少ないものの病気の人や負傷した人は頻繁な画像検査が必要であるため、はるかに高い線量の放射線にさらされます。

Data from the National Council on Radiation Protection and Measurements.Ionizing radiation exposure of the population of the United States.NCRP Report No.160 National Council on Radiation Protection and Measurements, Bethesda, MD, 2009.