Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

分娩後:体が元に戻るまで

分娩後:体が元に戻るまで

影響がみられる箇所

経過

おりもの(悪露)

出産後は血の混じった分泌物が3、4日間続き、血液のかたまりが含まれることもある。およそ10~12日間経つと分泌物の色は薄茶色となり、その後は黄色っぽい白色になる。こうした分泌物は産後6週頃まで続くことがある。

子宮内で胎盤が付着していた部位に、かさぶたのようなものができる。分娩から約1~2週間が経過すると、このかさぶたが剥がれ、最大で約240ミリリットル程度の性器出血が生じる。

乳房

乳汁分泌の初期には乳房が張り、乳房が硬くなったり痛んだりすることがある。

心拍数

妊娠中は心拍数は上昇するが、分娩後24時間以内に下がり始め、その後すぐに正常に戻る。

体温

分娩後の24時間に体温がわずかに上昇することはあるが、通常、数日のうちに正常に戻る。

子宮

分娩後に子宮は収縮し、妊娠前の大きさと位置に戻り始める。この収縮には不快感を伴うことがある。子宮が妊娠前の大きさに戻るのに数週間かかることがある。

陰部

通常、腟口周辺が痛む。分娩または会陰切開(胎児の娩出を容易にするために腟口を切開して広げる処置)による裂傷や、これらの縫合痕が痛むこともある。排尿中、刺すような痛みを感じることがある。

排尿

多くの場合、出産後には尿量が大幅に増えるが、これは一時的なものである。通常は出産からおよそ2週間後までに、正常に戻る。

排便

分娩により腹部や骨盤部の筋肉に負荷がかかり伸びていることもあるため、分娩後初めての排便には困難が伴うことがある。また、母親が縫合部位を心配したり、裂傷や痔による痛みがあることもある。

分娩時はいきまなければならないために、痔ができたり、すでにある痔が悪化しやすくなる。

腹部

出産後に筋緊張が低下するが、徐々に回復する。

皮膚

妊娠線は消えないが、赤色から銀色になり目立たなくなる。しかし色が薄くなるまでに何年もかかる場合もある。その他の部位の黒ずんだ皮膚の色も薄くなる。

体重

出産後の母親の体重は、ほとんどの場合、6キログラム程度しか減らない。分娩直後はまだ妊娠しているように見える。出産から1週間で余分な水分が排出され、さらに体重が減少することがある。

気分

母親の多くが憂うつな気分になったり、軽度の抑うつを呈したりする。この悲しい気分、あるいはマタニティーブルーは通常、2週間程度で治まる。