Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

避妊法の有効性

避妊法の有効性

方法

正確な使用を開始して最初の1年間に妊娠する女性の割合*

典型的な使用を開始して最初の1年間に妊娠する女性の割合*

ホルモン剤による方法(エストロゲンおよび/またはプロゲスチン)

避妊用インプラント(皮下に挿入)

0.05%

正確な使用の場合と同じ

0.3%

9%

0.2%

6%

タイプにより、0.2~0.5%

正確な使用の場合と同じ

0.3%

9%

0.3%

9%

バリア法による避妊

8%(子どもを産んだことがある女性ではより高い)

男性用コンドームで2%

女性用コンドームで5%

男性用コンドームで18%

女性用コンドームで21%

避妊用スポンジ(殺精子剤を持続的に放出する)

9%(子どもを産んだことがない女性の場合)

20%(子どもを産んだことがある女性の場合)

12%(子どもを産んだことがない女性の場合)

24%(子どもを産んだことがある女性の場合)

ペッサリーと殺精子剤の併用

6%

12%

その他の方法

0.6%

正確な使用の場合と同じ

その種類に応じて4%以上

24%

抜去法(性交中絶法、腟外射精)

4%

22%

*避妊をせず頻繁に性交を行った場合に1年間で妊娠する女性の割合は約85%です。