honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

加齢に関連する注意点

加齢に関連する注意点

高齢の女性がセックスをしなくなる主な理由は、性的に機能できるパートナーがいないことです。しかし、加齢に伴う変化、特に閉経によって起こる変化によって、女性は性機能障害を経験しやすくなります。また、糖尿病、動脈硬化、尿路感染症、関節炎などの加齢とともに多くなる病気が性機能を妨げます。しかし、これらの変化により性行為やその楽しみを終わらせる必要はなく、高齢女性に起こる性機能障害の原因はすべて加齢に伴う変化であるとは限りません。

若い女性と同様に高齢女性において最もよく発生する問題は性欲減退です。

女性の加齢とともに、 エストロゲンの分泌量が減少します。

  • 腟口周辺の組織(陰唇)と腟壁が弾力を失い薄くなり(萎縮性腟炎と呼ばれる病気)、この変化が挿入を伴う性行為の際の痛みの原因になります。

  • 腟液の分泌が減少し、性交中の潤滑性が失われます。

  • 30代になると テストステロンの分泌量が減少し始め、70歳までに止まります。この減少が性的関心および性的反応の低下につながるかどうかは分かっていません。

  • 腟の酸性度が低下し、性器が刺激を受け感染が起こりやすくなります。

  • エストロゲンの不足は、加齢に伴って骨盤内の筋肉や他の支持組織が弱くなることに関与し、骨盤内臓器(膀胱、腸管、子宮、直腸)が腟へ脱出してしまうことがあります。その結果、意図せずに尿が漏れることがあり、恥ずかしい思いをすることがあります。

  • 加齢に伴い腟への血流が減少し、腟が短く、狭く、乾燥するようになります。血管の病気(動脈硬化など)によって血流がさらに減少することもあります。

その他の異常によって性機能が妨げられる場合もあります。例えば、高齢の女性は病気、手術、加齢により生じた体の変化に悩むことがあります。性欲があることや空想にふけることは、高齢者としてふさわしくない、あるいは恥ずかしいことであると考える人もいます。パートナーの健康状態や性機能、自分自身の性的能力を心配していることもあります。多くの高齢女性には性欲がありますが、パートナーが応じない場合、性欲は徐々に失われます。

高齢の女性は、高齢になると性機能障害は普通であると決めてかかるべきではありません。性機能障害で悩んでいる場合は、主治医に相談すべきです。多くの場合、病気(うつ病など)の治療、薬剤の中止や変更、性機能についての学習、医療従事者やカウンセラーへの相談が役に立ちます。

萎縮性腟炎が問題の場合、エストロゲンをクリーム(プラスチック製のアプリケーターを使用)、錠剤、リングとして腟に挿入して使用できます。エストロゲンの内服、またはパッチ剤やゲルを上腕もしくは脚に使用することが可能ですが、これは最近閉経した場合に限られます。ときに、他のあらゆる方法が無効であった場合、エストロゲン療法に加えてテストステロンが処方されますが、この組合せの処方は推奨されていません。まだ実験的な段階であり、長期的な安全性は不明なためです。