Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
尿失禁を引き起こす可能性がある主な薬剤

尿失禁を引き起こす可能性がある主な薬剤

メカニズム

尿道括約筋または骨盤底筋の筋力低下(膀胱出口部の機能不全)

アルファ遮断薬(アルフゾシン、ドキサゾシン、プラゾシン、タムスロシン、テラゾシンなど)。尿道括約筋を弛緩させる作用がある。

ホルモン療法(通常は経口によるエストロゲン/プロゲスチン併用療法)。骨盤底筋および支持組織の萎縮に寄与する可能性がある。

ミソプロストール。尿道括約筋を弛緩させる作用がある。

閉塞(下部尿路閉塞)

アルファ刺激薬(プソイドエフェドリンなど)。膀胱および前立腺の筋肉を収縮させる可能性がある。

膀胱壁の筋肉の活動低下

カルシウム拮抗薬(ジルチアゼム、ニフェジピン、ベラパミルなど)。膀胱の筋肉収縮を阻害する。

オピオイド。膀胱の収縮性を阻害すると考えられる。