Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
尿失禁の主なメカニズム

尿失禁の主なメカニズム

メカニズム

尿道括約筋または骨盤底筋の筋力低下(膀胱出口部の機能不全)

萎縮性尿道炎、腟炎、またはその両方

薬剤

骨盤底筋の筋力低下(複数回の経腟分娩や骨盤内手術などが原因)

前立腺の手術

閉塞(下部尿路閉塞)

薬剤

膀胱壁の筋肉の活動亢進(過活動膀胱)

排尿をコントロールする脳の中枢に影響を及ぼす可能性がある病気(脳卒中 その他の症状 脳卒中は、脳に向かう動脈が詰まったり破裂したりして、血流の途絶により脳組織の一部が壊死し(脳梗塞)、突然症状が現れる病気です。 脳卒中のほとんどは虚血性(通常は動脈の閉塞によるもの)ですが、出血性(動脈の破裂によるもの)もあります。 一過性脳虚血発作は虚血性脳卒中と似ていますが、虚血性脳卒中と異なり、恒久的な脳損傷が起こらず、症状は1時間... さらに読む 認知症 認知症 認知症とは、記憶、思考、判断、学習能力などの精神機能が、ゆっくりと進行性に低下していく病気です。 典型的な症状は、記憶障害、言語や動作の障害、人格の変化、見当識障害、破壊的または不適切な行動などです。 症状が進行すると普段の生活が送れなくなり、他者に完全に依存するようになります。... さらに読む 多発性硬化症 多発性硬化症(MS) 多発性硬化症では、脳、視神経、脊髄の髄鞘(ずいしょう)(ほとんどの神経線維を覆っている組織)とその下の神経線維が、まだら状に損傷または破壊されます。 原因は解明されていませんが、免疫系が自分の体の組織を攻撃する現象(自己免疫反応)が関与していると考えられています。 多発性硬化症の患者のほとんどは、健康状態が比較的良好な期間と症状が悪化する... さらに読む など)

下部尿路閉塞

膀胱壁の筋肉の活動低下

神経損傷(椎間板ヘルニア 一般的な原因 腰や首の痛みは、外来受診の理由として最も多いものの1つです。通常、これらの痛みは、筋骨格系の問題、なかでも脊椎の骨(背骨、すなわち椎骨)、椎間板、それを支持する筋肉や靱帯など、脊椎に関係する問題から生じます。ときとして、筋骨格系を侵さない病気によって腰痛が生じることがあります。... さらに読む 一般的な原因 、その他の脊髄の病気、手術、腫瘍、外傷、糖尿病 糖尿病 糖尿病は体が必要とするインスリンを十分に産生しないため、血糖(ブドウ糖)値が異常に高くなる病気です。 排尿が増加し、のどが渇き、減量しようとしていないのに体重が減少します。 神経を損傷し、知覚に問題が生じます。 血管を損傷し、心臓発作、脳卒中、慢性腎臓病、視力障害のリスクが高まります。... さらに読む アルコール依存症 アルコール 遺伝特性や個人的な性質がアルコール関連障害の発症に関与しています。 アルコールを飲みすぎると、眠くなったり攻撃的になり、運動協調や精神機能が損なわれ、仕事、家族関係、その他の活動を妨げます。 長期間大量のアルコールを飲むと、アルコールに依存するようになり、肝臓、脳、心臓を損傷します。... さらに読む など)

薬剤

長期にわたる下部尿路閉塞

女性では、しばしば原因不明

膀胱壁と尿道括約筋の協調不全

膀胱につながる脊髄または脳神経路の損傷

機能的な問題

認知症

抑うつ

尿意の自覚を低下させる可能性がある向精神薬(抗精神病薬、ベンゾジアゼピン系薬剤、鎮静薬や睡眠補助薬のように眠気をもたらす薬、三環系抗うつ薬など)

身体動作の制限(けが、筋力低下、拘束、脳卒中、他の神経疾患、筋骨格系疾患などが原因)

状況的な制限(近くにトイレがない、移動中であるなど)

尿量の増加

利尿薬の使用(通常はフロセミド、ブメタニド、テオフィリン、ただしサイアザイド系利尿薬は除く)

カフェイン含有飲料(コーヒー、茶、コーラ、その他のソフトドリンク)またはアルコールの過剰摂取