honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

ネルソン症候群とは

ネルソン症候群とは

クッシング病の治療のために副腎を両方とも摘出した人は、ネルソン症候群を発症することがあります。

この病気では、クッシング病の原因となった下垂体腫瘍が増殖を続け、大量の 副腎皮質刺激ホルモンが産生され、皮膚の色が濃くなります。下垂体腫瘍が大きくなると、脳の隣接する部分を圧迫し、頭痛と視野欠損を起こします。

下垂体の放射線療法によってこの圧迫を予防できる場合があるとする専門家もいます。必要であれば、ネルソン症候群は下垂体への放射線療法か外科的切除で治療できます。