Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
急性腎障害の主な原因

急性腎障害の主な原因

原因

背景にある問題

腎臓への血液供給の不足

出血

大量のナトリウムおよび水分の喪失

血管を遮断する物理的な損傷

心臓のポンプ機能の不足(心不全)

腎臓への血流を低下させる薬剤

腎臓の損傷

腎臓に損傷が起きるほどの長時間にわたる腎臓への血液供給量の減少

有害物質(薬物、画像検査で使用されるヨード造影剤、毒物など)

アレルギー反応(特定の抗菌薬に対するものなど)

腎臓のネフロン(血液のろ過機能を担う組織)を侵す病気(例えば、急性糸球体腎炎 糸球体腎炎 糸球体腎炎は、糸球体(小さな穴が多数あいた微細な血管でできた球状の腎組織で、それらの穴を通して血液がろ過されます)が侵される病気です。糸球体腎炎は、むくみ(浮腫)、高血圧および尿中での赤血球の検出を特徴とします。 糸球体腎炎は、感染症、遺伝性疾患、自己免疫疾患など、様々な病気が原因で発生します。... さらに読む 尿細管間質性腎炎 尿細管間質性腎炎 尿細管間質性腎炎とは、腎臓の尿細管とその周囲の組織(間質組織)に炎症が発生する病気です。 この病気は腎臓に損傷を与える病気、薬剤、毒性物質などによって引き起こされます。 症状としては、排尿の増加、夜間の排尿、発熱、発疹などがみられます。 血液検査と尿検査のほか、通常は画像検査が行われ、ときに腎生検も行われます。... さらに読む 、腎臓に損傷をもたらす腫瘍、血管の損傷[溶血性尿毒症症候群 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)と溶血性尿毒症症候群(HUS) 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)と溶血性尿毒症症候群(HUS)は、全身に小さな血栓ができて、脳、心臓、腎臓などの重要臓器への血液の流れを妨げる重度で重篤な病気です。 症状は血栓ができた場所に関係します。 診断は症状と血液検査に基づいて行います。 血栓性血小板減少性紫斑病の治療は、血漿交換とコルチコステロイドの投与によって行います。... さらに読む 全身性エリテマトーデス 全身性エリテマトーデス(SLE) 全身性エリテマトーデスは、関節、腎臓、皮膚、粘膜、血管の壁に起こる慢性かつ炎症性の自己免疫結合組織疾患です。 関節、神経系、血液、皮膚、腎臓、消化管、肺、その他の組織や臓器に問題が発生します。 血算と自己免疫抗体の有無を調べる検査を行います。 活動性の全身性エリテマトーデスでは、コルチコステロイドやその他の免疫の働きを抑制する薬がしばしば... さらに読む 全身性エリテマトーデス(SLE) アテローム塞栓による腎疾患 アテローム塞栓による腎疾患 アテローム塞栓による腎疾患では、腎臓より上流にある動脈から多数の小さな脂肪性物質が流れてきて、それにより腎動脈の最も細い分枝がふさがれることで(アテローム塞栓)、腎臓が正常に機能できなくなります。 アテローム塞栓は通常、大動脈の動脈硬化症に対する手術や処置の合併症として発生します。... さらに読む グッドパスチャー症候群 グッドパスチャー症候群 グッドパスチャー症候群は、まれな自己免疫疾患であり、肺の中での出血と進行性の腎不全が起こります。 一般に、息切れや喀血がみられます。 診断を下すには、血液や尿の検査と胸部X線検査が必要です。 コルチコステロイド、シクロホスファミド(化学療法の薬剤)、血漿交換などを用いて、肺や腎臓の永続的な損傷を防ぐようにします。... さらに読む 多発血管炎性肉芽腫症 多発血管炎性肉芽腫症 多発血管炎性肉芽腫症(以前はウェゲナー肉芽腫症として知られていた)はしばしば、鼻、副鼻腔、のど、肺、または腎臓の、小型や中型の血管や組織の炎症から始まります。 原因は不明です。 通常、この病気は、鼻出血、かさぶたによる鼻づまり、副鼻腔炎、声がれ、耳の痛み、中耳にたまる体液、眼の充血と痛み、呼気性喘鳴、せきで始まります。... さらに読む 多発血管炎性肉芽腫症 顕微鏡的多発血管炎 顕微鏡的多発血管炎 顕微鏡的多発血管炎は、主として全身の細い血管に炎症が起きる病気です。 発熱、体重減少、筋肉や関節のうずくような痛みとともに、侵された臓器に応じて様々な症状がみられます。 診断を確定するために生検が行われます。 治療は重症度によって異なりますが、コルチコステロイドや免疫の働きを抑える薬を使用します。... さらに読む に起因するものなど])

尿流の閉塞

膀胱の閉塞(例えば、前立腺の肥大 前立腺肥大症 前立腺肥大症とは、前立腺が大きくなる良性の病気で、排尿が困難になることがあります。 前立腺は年齢とともに大きくなります。 排尿が困難になることがあり、尿意がより頻繁に、より切迫して感じるようになることがあります。 通常、診断は直腸診の結果に基づいて下されますが、前立腺がんがないか確認するために血液サンプルを採取することもあります。... さらに読む 尿道の狭窄 尿道の異常 尿道は、尿が膀胱から体外に排出される際に通過する管です。 (腎臓と尿路の先天異常の概要も参照のこと。) 尿道の先天異常にはいくつかの種類があります。これらの異常は以下の状態を引き起こすことがあります。 尿が異常な部位から出る 尿の流れが妨げられる さらに読む 膀胱がん 膀胱がん 膀胱がんでは、ほとんどの場合、血尿がみられます。 診断の過程では、膀胱鏡(柔軟性のある観察用の細い管状の機器)を尿道から膀胱内に挿入する検査が行われます。 膀胱がんの多くは切除手術で治療されますが、がんの部分を膀胱鏡で切除する手術(がんが表面部分にとどまっている場合)か、膀胱ごと摘出する手術(がんが深部に達している場合)が行われます。... さらに読む によるもの)

尿路を圧迫する腫瘍

腎臓内での閉塞(例えば、シュウ酸塩や尿酸などの結晶や結石に起因)