Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
穿孔の主な原因

穿孔の主な原因

穿孔の部位

原因

備考

消化管すべて

損傷

激しい嘔吐

この病気はブールハーフェ症候群(特発性食道破裂)と呼ばれる。

医学的処置による損傷

損傷は、典型的に食道鏡、拡張用バルーン、ブジー(細い円筒状の器具)に起因する。

腐食性の強い物質を飲み込んだ

電池の酸や苛性アルカリ溶液を飲み込んだ場合が典型的。

約3分の1の人ではそれ以前に潰瘍症状がない。

腐食性の強い物質を飲み込んだ

このような物質は典型的には小腸よりも胃に損傷を与える。

腸への血液供給を遮断する閉塞(絞扼[こうやく]性閉塞)

典型的な閉塞の原因はがんや宿便。

プレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)などの免疫系の働きを阻害する薬(免疫抑制薬)を使用している場合は、憩室炎が発生するリスクが高い。ただし、その場合は憩室炎になっても症状がほとんどみられないことがある。

炎症性腸疾患 炎症性腸疾患(IBD)の概要 炎症性腸疾患とは、腸に炎症が起き、しばしば腹痛と下痢が繰り返し起こる病気です。 炎症性腸疾患としては、主に以下の2種類の病気があります。 クローン病 潰瘍性大腸炎 この2つの病気には多くの共通点があり、ときに判別が難しいことがあります。しかし2つの病気にはいくつかの違いがあります。例えば、クローン病は消化管のほぼすべての部分に起こりうるの... さらに読む 潰瘍性大腸 潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎とは、大腸に炎症が起こり、潰瘍が形成される慢性炎症性腸疾患で、出血性の下痢や腹部のけいれん痛、発熱を伴う発作が起きます。潰瘍性大腸炎がない人と比べて、結腸がんの長期リスクが高まります。 この病気の正確な原因は分かっていません。 発作時の典型的な症状は、腹部のけいれん痛、便意の切迫、下痢(血性下痢が典型的)などです。... さらに読む 炎やクローン病 クローン病 クローン病は、炎症性腸疾患の一種で、一般的には小腸の下部、大腸、またはその両方に慢性炎症が生じますが、炎症は消化管のどの部分にも現れる可能性があります。 正確な原因は分かっていませんが、免疫システムが正常に機能していないことでクローン病が起こる可能性があります。 典型的な症状としては、慢性の下痢(血性となることもある)、けいれん性の腹痛、... さらに読む クローン病 など)

大腸の拡張(中毒性巨大結腸症)

ときに自然発生

胆嚢を摘出する手術(胆嚢摘出術)や肝生検時に生じる損傷

損傷は胆嚢に生じることもあれば胆管に生じることもある。