Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
難聴の主な原因と特徴

難聴の主な原因と特徴

原因*

一般的な特徴

検査

外耳(伝音難聴)

閉塞(原因は耳あか、異物、外耳の感染、まれに腫瘍など)

医師による診察で分かる

医師の診察

聴力検査

中耳(伝音難聴)

ときにめまい、耳の痛みや詰まった感じ、耳だれ

通常は鼓膜の見た目が異常になる(医師による診察で分かる)

過去に耳の感染症を何度も起こしていることが多い

医師の診察

聴力検査

重度または繰り返す感染症の場合は画像検査

明らかに最近けがをした人にみられる

医師の診察

聴力検査

CTまたはMRI検査

耳硬化症

家族に同様の難聴があることが多い

難聴が徐々に悪化する

難聴が20代および30代で始まることが多い

医師の診察

聴力検査

医師による診察の際に腫瘍が見えることが多い

片耳だけの難聴

聴力検査

CTまたはMRI検査

内耳(感音難聴)

遺伝性疾患

家族に同様の難聴があることが多い

他の器官系の病気を伴うことが多い

医師の診察

聴力検査

遺伝子検査

内耳のCTまたはMRI検査

騒音曝露

通常は病歴から明らか

一時的な難聴の可能性あり

医師の診察

聴力検査

高齢(男性では55歳以上、女性では65歳以上)

進行性の両耳の難聴

医師の診察

聴力検査

耳に損傷を与える可能性がある薬(聴器毒性のある薬剤)、以下に挙げるものなど

  • アスピリン

  • アミノグリコシド系薬剤(ゲンタマイシンやトブラマイシンなど)

  • バンコマイシン

  • シスプラチン

  • フロセミド

  • エタクリン酸

  • キニーネ

原因となる薬を最近使った人にみられる

両耳の難聴

ときにめまいおよび平衡感覚の喪失

医師の診察

聴力検査

以下のような感染症

明らかな感染症の病歴

感染症の最中または直後に難聴が現れる

医師の診察

聴力検査

以下のような自己免疫疾患

関節の炎症および発疹

ときに突然の視力の変化または目の刺激感

関節の痛みまたは腫れ

多くの場合、すでに原因疾患は確認されている

血液検査

聴力検査

複数回の難聴(一般的には片耳だけ)

耳が詰まった感じ

聴力検査

造影剤(ガドリニウム)を用いたMRI検査

気圧の急激な変化を生じる活動(例、スキューバダイビング、飛行機の急降下)の最中や、耳への打撃の後に起こる

ときに強い耳の痛みまたは回転性めまい

聴力検査

ティンパノメトリー検査および平衡感覚の検査

回転性めまいが持続する場合は、原因を探すための手術

明らかに最近大けがをした人にみられる

めまいまたは顔面筋の垂れ下がりの可能性あり

ときに難聴のある耳から液体(血が多少混じっているか、または透明)が出たり、鼓膜の奥で出血があったりする

聴力検査

CTまたはMRI検査

神経系(後迷路性難聴)

以下のような腫瘍

片耳だけの難聴、しばしば耳鳴りを伴う

しばしばめまいまたは回転性めまい、バランスがとれない

ときに顔面筋の垂れ下がりまたは顔面のしびれと味覚異常

聴力検査

造影剤を用いたMRI検査

片耳だけの難聴

筋力低下やしびれが、体の様々な部位に現れたり消えたりする

聴力検査

造影剤を用いた脳と脊髄のMRI検査

ときに腰椎穿刺

*各グループはおおよそ頻度の高い順に並べられています。

この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

聴覚検査はすべての患者に行われます。

§混合難聴と感音難聴がみられることがあります。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。