honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

あごの筋肉に対する理学療法

あごの筋肉に対する理学療法

  • 超音波法は、痛みのある深部まで熱を伝える方法です。超音波によって温められると血管が拡がって、筋肉にたまった老廃物の乳酸(痛みの原因物質)が血液によってより速く運び出されます。

  • 筋電図バイオフィードバック法では、自分の筋肉の活動を筋電計でモニタリングします。筋電計を見ながら、全身の力や特定の筋肉の力だけを抜きます。こうすることで、特定の筋肉をコントロールしたり緩めたりする方法を習得します。

  • スプレー・アンド・ストレッチ運動では、痛みのある部分の皮膚に冷却剤をスプレーしたり氷をあてたりして、あごの筋肉をストレッチして開くことができるようにします。

  • 経皮的電気神経刺激(TENS)では、痛みを伝えない神経線維を刺激する器具を使います。その結果生じる電気信号が、患者が感じている痛みの信号をブロックすると考えられています。