Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
けいれん発作の治療に用いられる薬剤

けいれん発作の治療に用いられる薬剤

薬剤

用途

副作用の例

アセタゾラミド

他の抗てんかん薬で効果が得られない欠神発作

腎結石、脱水、血液中の化学物質のバランスの乱れ

カルバマゼピン

部分発作と二次性全般化発作

白血球数の減少(顆粒球減少症)、血液細胞の産生減少(再生不良性貧血、ときに致死的)、血小板数の減少(血小板減少症)、発疹、消化器の不調、話し方が不明瞭になる(構音障害)、嗜眠、めまい、複視

クロバザム

欠神発作

他の抗てんかん薬で効果が得られない部分発作または全般発作

ときに、レノックス-ガストー症候群における強直発作または脱力発作*

眠気、便秘、協調運動障害、希死念慮(自殺を考えること)、薬剤への依存、易怒性、嚥下困難

クロナゼパム

脱力発作

レノックス-ガストー症候群における非定型欠神発作*

点頭てんかん

ミオクロニー発作

眠気、異常行動、協調運動障害、1~6カ月後に薬剤の効果が消失

ジバルプロエックス(divalproex)

欠神発作

熱性けいれん

全般性強直間代発作

点頭てんかん

若年性ミオクロニーてんかん

ミオクロニー発作

新生児けいれんまたは熱性けいれん

部分発作

レノックス-ガストー症候群における強直発作または脱力発作*

吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、一時的な眠気、めまい、振戦(ふるえ)、脱毛(回復可能)、体重増加、肝傷害

脊髄、脊椎、または脳の先天異常(神経管閉鎖不全)のリスクは、他の抗てんかん薬よりもやや高い

エスリカルバゼピン(eslicarbazepine

部分発作

めまいまたはふるえ、複視またはかすみ目、眠気、頭痛、吐き気、嘔吐、血中ナトリウム濃度低下、希死念慮(自殺を考えること)、発疹などの皮膚反応(ときに重篤)

エトスクシミド

欠神発作

吐き気、嗜眠、めまい、頭痛、発疹、(すべての種類の)血球数の減少

エゾガビン(ezogabine

他の抗てんかん薬で効果が得られない部分発作

尿閉(膀胱に尿がたまっても排尿できない状態)、錯乱、幻覚、希死念慮(自殺を考えること)、めまい、眠気、皮膚の青白い変色、網膜の色素の変化

フェルバメート(felbamate

他の抗てんかん薬で効果が得られない場合にのみ使用される

レノックス-ガストー症候群における非定型欠神発作*

部分発作

頭痛、疲労、肝不全、まれに再生不良性貧血(ときに致死的)

ホスフェニトイン

てんかん重積状態

強直間代発作

複雑部分発作

頭部外傷後の発作の予防

協調運動障害、眠気、めまい、頭痛、かゆみ、チクチク感

ガバペンチン

部分発作

二次性全般化強直間代発作

眠気、めまい、体重増加、頭痛

小児では、眠気、攻撃的行動、気分の変動、多動性

ラコサミド

部分発作

めまい、複視、希死念慮(自殺を考えること)

ラモトリギン

レノックス-ガストー症候群における全般発作*

部分発作

吐き気、嘔吐、消化不良、頭痛、眠気、めまい、不眠、疲労、協調運動障害、複視、振戦、月経異常、発疹

レベチラセタム

若年性ミオクロニーてんかん

ミオクロニー発作

部分発作

一次性全般性強直間代発作

めまい、筋力低下、疲労、協調運動障害、気分および行動の変化、感染リスクの増加

オクスカルバゼピン

部分発作

頭痛、腹痛、複視、眠気、めまい、疲労、吐き気、血中ナトリウム濃度の低下

ペランパネル

部分発作または一次性の全般性強直間代発作

攻撃性、気分と行動の変化、希死念慮(自殺を考えること)、めまい、眠気、吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛、歩行の異常

フェノバルビタール

全般性強直間代発作

新生児けいれん

部分発作

てんかん重積状態

眠気、眼球運動の異常(眼振)、協調運動障害、貧血、発疹

小児では多動性と学習困難

フェニトイン

複雑部分発作

全般性強直間代発作

てんかん重積状態(フェニトインを静脈内投与した場合)

頭部外傷後の発作の予防

歯肉の腫れ、赤血球数の減少、骨密度の低下、過剰な体毛(男性型多毛症)、発疹、リンパ節の腫れ

フェニトインを高用量で使用した場合、協調運動障害、話し方が不明瞭になる、眼球運動の異常、嗜眠、錯乱、眠気

プレガバリン

部分発作

めまい、眠気、協調運動障害、かすみ目、複視、振戦、体重増加

プリミドン

全般性強直間代発作

部分発作

眠気、眼球運動の異常(眼振)、協調運動障害、貧血、発疹

小児では多動性と学習困難

チアガビン(tiagabine

部分発作

眠気、めまい、錯乱、思考の鈍り、腹痛、疲労、吐き気、振戦

トピラマート

非定型欠神発作

部分発作

一次性の全般性強直間代発作

錯乱、集中力の低下、言葉を選ぶのが困難、疲労、食欲不振、体重減少、しびれやチクチク感、発汗の減少、腎結石

バルプロ酸

欠神発作

熱性けいれん

全般性強直間代発作

点頭てんかん

若年性ミオクロニーてんかん

ミオクロニー発作

新生児けいれん

部分発作

レノックス-ガストー症候群における強直発作または脱力発作*

吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、体重増加、脱毛(回復可能)、一時的な眠気、振戦、まれに肝傷害

ビガバトリン

点頭てんかん

部分発作

眠気、めまい、頭痛、疲労、永続的な視覚障害

ゾニサミド

部分発作

ときに、レノックス-ガストー症候群における強直発作または脱力発作*

眠気、疲労、めまい、錯乱、言葉を選ぶのが困難、協調運動障害、腎結石、食欲不振、体重減少、吐き気

*非定型欠神発作、脱力発作、強直発作は、通常レノックス-ガストー症候群と呼ばれる、4歳未満の小児に発生する重症てんかんの症状としてみられます。

ジバルプロエックス(divalproex)とバルプロ酸は類似の薬剤です。

ホスフェニトインとフェニトインは類似の薬剤です。