Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
けいれん発作の原因

けいれん発作の原因

原因

高熱

感染症

脳の感染症

代謝性疾患

糖またはナトリウムの血中濃度の上昇

糖、カルシウム、マグネシウム、またはナトリウムの血中濃度の低下

その他の病気

副甲状腺機能低下症

ビタミンB6欠乏症(新生児の場合)

脳への酸素供給の不足

窒息

脳の構造的な損傷

脳卒中

出生前から存在した異常や出生時に発生した異常

先天異常

分娩時に起きた損傷

脳内の水分の蓄積(脳浮腫)

処方薬*

ブスピロン(不安症の治療薬)

カンフル(樟脳[しょうのう])

*クロルプロマジン(統合失調症の治療薬)

シプロフロキサシン(抗菌薬)

クロロキン(chloroquine)(マラリアの治療薬)

クロザピン(通常は統合失調症の治療薬)

シクロスポリン(臓器移植時の拒絶反応を予防および治療するための薬)

イミペネム(抗菌薬)

*インドメタシン(痛みと炎症を軽減するための薬)

*ペチジン(鎮痛薬)

*フェニトイン

テオフィリン(喘息などの呼吸器疾患の治療薬)

三環系抗うつ薬

レクリエーショナルドラッグ

薬物の大量使用からの離脱

全身麻酔(手術時)

毒性物質への曝露

ストリキニーネ

*過量投与した場合には、様々な薬剤がけいれん発作の原因になる可能性があります。使用するとけいれん発作が起こりやすくなる薬剤もあります。

けいれん性疾患の治療に使用されるフェニトインは、過量投与すると、逆にけいれん発作を引き起こす可能性があります。