honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

認知症患者に適した環境を作る

認知症患者に適した環境を作る

認知症患者には、以下のような環境を整えることが有益です。

  • 安全な環境:通常は特別な安全対策が必要です。例えば、「忘れずに暖房を消してください」などと書いた大きな張り紙を掲示したり、暖房器具や電化製品にタイマーを設定したりします。事故を防止するため車の鍵を隠すことや、徘徊を防止するためドアにセンサーを設置することも有用です。徘徊が問題となっている場合は、身元の分かるブレスレットやネックレスが役立ちます。

  • 慣れた環境:認知症患者は通常、よく馴染んだ環境にいるときに、最も能力を発揮できます。新しい家や町に引っ越したり、家具を移動させたり、ときには壁を塗り替えただけでも、症状が悪化することがあります。

  • 安定した環境:入浴、食事、睡眠など日常活動のスケジュールを一定にすることは、安心感をもたらします。同じ人と定期的に接することも役立ちます。

  • 見当識を保ちやすい環境:大きな日めくり、文字盤の大きな時計、ラジオ、明るい照明、常夜灯などは見当識を保つのに役立ちます。家族や介護者は、患者になるべく頻繁に声をかけて、今いる場所や何が起こっているかを説明するとよいでしょう。