honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

錯乱とは

錯乱とは

錯乱の解釈は人によって様々ですが、医師の間では、情報を正常に処理できない状態を指す言葉として使われています。

錯乱した人は次のような状態に陥ります。

  • 会話についていけない

  • 質問に対して適切な返答ができない

  • 自分のいる場所が分からない

  • 安全に関わる重大な判断ができない

  • 重要な事実を思い出せない

錯乱は、特定の薬剤(処方薬、市販薬、違法薬物)の使用や、様々な病気など、多様な原因で生じます。せん妄と認知症はまったく異なる病態ですが、両方とも錯乱を引き起こします。

錯乱が起こった場合は、特にせん妄や認知症によるものではないかに注意して、原因の特定を試みます。

錯乱が急に発生または悪化した場合は、せん妄が原因である可能性が考えられます。このようなせん妄については、その基礎に重篤な病気が存在している可能性があるため、迅速な医学的処置が必要です。また、原因が特定されて治療されれば、せん妄の多くは回復します。

錯乱が徐々に現れた場合は、認知症が原因である可能性が考えられます。この場合、医学的処置が必要ですが、急を要するわけではありません。認知症では、治療によって精神機能の低下を遅らせることはできますが、低下を止めることは通常できません。