Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
痛風の治療に用いられる薬剤

痛風の治療に用いられる薬剤

副作用

備考

非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)

胃の不調

出血

腎障害

カリウム値上昇

ナトリウムとカリウムの貯留

ときに浮腫または高血圧

痛風の急性(突然の)発作の治療または発作の予防に使用される

抗痛風薬

コルヒチン

胃の不調と下痢

骨髄における血球産生の抑制(薬を適切に使用していればめったに起こらない)

筋肉痛や筋力低下(まれ)

他の多くの薬と相互作用し、ときに強い副作用を起こす

痛風発作の予防と治療に使用される

コルチコステロイド

プレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)(経口薬)

浮腫や高血圧を伴うナトリウムの貯留

長期の使用で多くの副作用

急性発作の治療に使用される

テブト酸プレドニゾロンやトリアムシノロンヘキサアセトニド(triamcinolone hexacetonide)(注射薬)

痛み

不快感

使いすぎによる関節の損傷

炎症(ときにみられる)

感染症(まれにみられる)

侵された関節が1カ所または2カ所だけの場合に関節に注射する

尿酸排泄促進薬(尿中への尿酸の排泄を促進する薬)

プロベネシド

発疹

吐き気

嘔吐

腎結石

血中尿酸値を下げて痛風発作を予防するために長期的に使用できる

レシヌラド(lesinurad)

腎臓に起こる問題

アロプリノールかフェブキソスタットを併用する必要がある

尿酸の生成を阻害する薬

アロプリノール

胃の不調

発疹(深刻な場合がある)

白血球数の減少

肝傷害(まれ)

血液中の尿酸値を下げて、痛風発作を予防し体内の結晶や腎臓の結石を除去するために、長期間使用できる

フェブキソスタット

吐き気

関節の痛み

発疹

患者が高用量のアロプリノールを服用できないか、服用しても効果がなかった場合に特に有用

ペグロチカーゼ(pegloticase)

あざ

便秘

吐き気と嘔吐

尿酸の移動による発作のリスクが高い

アレルギー反応

長期にわたる痛風を治療するために長期使用が可能