Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
まれな間質性肺疾患

まれな間質性肺疾患

疾患名

症状

治療

備考

重度の症状が数週間から数カ月かけて徐々に現れることもあれば、突然現れることもある

息切れ

せき

症状を引き起こしている薬剤を中止する

コルチコステロイド(ときに効果的)

多くの種類の薬剤が原因となる可能性がある。

高齢者では重症化することが多い。

病気の範囲と重症度は、薬剤の用量や使用期間によって変わることがある。

最もよくみられるのは、喀血(せきとともに血が出る)

慢性的な失血による貧血

腎不全(ときに)

コルチコステロイドや細胞傷害性薬剤(シクロホスファミドなど)

失血のため必要であれば輸血

血液中の酸素レベル低下には酸素投与

これらのまれな病気では、毛細血管から肺の中へ血液が漏れ出し、原因は自己免疫反応であることが多い。

患者は、グッドパスチャー症候群 グッドパスチャー症候群 グッドパスチャー症候群は、まれな自己免疫疾患であり、肺の中での出血と進行性の腎不全が起こります。 一般に、息切れや喀血がみられます。 診断を下すには、血液や尿の検査と胸部X線検査が必要です。 コルチコステロイド、シクロホスファミド(化学療法の薬剤)、血漿交換などを用いて、肺や腎臓の永続的な損傷を防ぐようにします。... さらに読む 多発血管炎性肉芽腫症 多発血管炎性肉芽腫症 多発血管炎性肉芽腫症(以前はウェゲナー肉芽腫症として知られていた)はしばしば、鼻、副鼻腔、のど、肺、または腎臓の、小型や中型の血管や組織の炎症から始まります。 原因は不明です。 通常、この病気は、鼻出血、かさぶたによる鼻づまり、副鼻腔炎、声がれ、耳の痛み、中耳にたまる体液、眼の充血と痛み、呼気性喘鳴、せきで始まります。... さらに読む 多発血管炎性肉芽腫症 全身性エリテマトーデス 全身性エリテマトーデス(SLE) 全身性エリテマトーデスは、関節、腎臓、皮膚、粘膜、血管の壁に起こる慢性かつ炎症性の自己免疫結合組織疾患です。 関節、神経系、血液、皮膚、腎臓、消化管、肺、その他の組織や臓器に問題が発生します。 血算と自己免疫抗体の有無を調べる検査を行います。 活動性の全身性エリテマトーデスでは、コルチコステロイドやその他の免疫の働きを抑制する薬がしばしば... さらに読む 全身性エリテマトーデス(SLE) 、特発性肺ヘモジデローシス(肺に鉄が沈着する)、薬物反応などを有することがある。

大量出血により死亡する可能性もある。

呼吸困難

せき

胸痛

ときに血を伴うせき

肺移植

シロリムス

この病気はまれで、若い女性に発生する。

妊娠中に悪化することがある。