Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

温熱療法の種類

温熱療法の種類

種類

説明

コメント

用途

体の表面の加熱

赤外線加熱

ランプで加温し、通常は1日に20分未満

熱傷を避けるためにケアが必要。

重度の心臓、肝臓、腎臓の病気や末梢血管疾患の患者、皮膚感覚が低下している人には用いないこと。

関節痛(関節の痛み)

関節炎(様々な病型)

背部痛

線維筋痛症

筋肉のけいれん

筋肉痛(筋肉の痛み)

神経痛(神経の痛み)

ねんざ

筋の挫傷

腱鞘滑膜炎(腱とそれを覆う組織の炎症)

むち打ち症

ホットパック

綿布の入れ物にシリカゲルを詰め込んだもの。通常は電子レンジで加熱。

皮膚が熱傷を負わないよう、タオルで包んで使用できる。

赤外線加熱と同じ。

パラフィン浴

溶かしたろうにくぐらせる、浸す、あるいは溶かしたろうを塗る。

通常は手や膝、肘などの小さい関節に用いる。

傷口がふさがっていない部分には行わないこと。

水治療

大型の業務用渦流浴槽に入れた温水に浸す。

血流を刺激することで傷の治癒を促進し、熱傷や傷をきれいにする。

筋肉をリラックスさせて痛みを和らげる。

関節可動域訓練を助ける。

深部組織の加熱

超音波

周波数の高い音波が組織深部に浸透することにより組織が振動、熱が発生し、血液(および酸素と栄養)がその部位に集まる。

血液の供給が減っている(虚血)組織、麻痺や感染がみられる部位、回復中の骨、体の特定の部位(眼、脳、脊髄、耳、心臓、生殖器など)には行わないこと。

出血しやすい人やがんを患っている人には行わない。

骨の損傷

滑液包炎

複合性局所疼痛症候群

拘縮

変形性関節症

腱炎