Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
小児の夜間の尿失禁の主な原因と特徴

小児の夜間の尿失禁の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

排便の頻度が少なく、硬い小石状の便がみられる

ときに腹部不快感

便秘を起こしやすい食事(例えば、牛乳や乳製品が過剰で、果物や野菜がほとんどない)を摂取している

医師の診察

ときに腹部のX線検査

排便日誌

尿量が増加する原因としては多くの可能性があり、具体的には以下のものが挙げられる

病気によって異なる

糖尿病では、グルコース(糖分)およびケトン体の尿検査または血液検査

尿崩症または鎌状赤血球症が疑われる場合は、血液検査

発達の遅れ

日中の尿失禁は認められない

男児と眠りが深い小児でより一般的

家族にかつて夜尿症であった人がいる可能性がある

医師の診察

ときに、睡眠中にいびきをかき、呼吸が停止し、その後大きく鼻を鳴らす

日中に過度の眠気がある

扁桃の腫れ

睡眠検査

脊椎の明らかな異常、腰のくぼみまたは体毛の房、脚と足の筋力低下または感覚低下

腰のX線検査

ときに脊椎のMRI検査

ストレス

医師の診察

排尿日誌

排尿時の痛み、血尿、頻尿、尿意切迫感

発熱

腹痛

尿検査と尿培養検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

MRI = 磁気共鳴画像。