Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
男性型多毛症の主な原因と特徴

男性型多毛症の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

副腎の病気

副腎過形成(副腎が大きくなって異常に大量の男性ホルモンが分泌されるようになる病態)により生じる男性的な特徴の出現(男性化)

声が低くなる、頭髪の脱毛(禿頭)、陰核の肥大、筋肉量の増加、月経の不順や消失、にきびなどの男性的な特徴の存在

出生時に副腎過形成がみられる場合は、外性器が男性か女性かはっきりしない(性別不明性器)

ホルモン濃度を測定する血液検査およびときに尿検査

デキサメタゾン抑制試験(デキサメタゾンを内服して数時間後に血液検査でホルモン濃度を測定する)

副腎腫瘍(通常はがん)

副腎腫瘍が過剰なアンドロゲン(テストステロンなど)を分泌している場合や、クッシング症候群(過剰なコルチゾールを分泌する副腎腫瘍[以下参照])がある場合は、男性的な特徴の出現

MRIまたはCT検査

ホルモン濃度を測定する血液検査および尿検査

尿検査および通常は血液検査によるコルチゾール濃度の測定(クッシング症候群では高くなることがある)

通常はデキサメタゾン抑制試験

何の病気もみられない

家族性男性型多毛症

家族の男性型多毛症

他の症状がない(月経周期が正常で他の男性的な特徴がみられない)

医師の診察

ホルモン濃度を測定する血液検査(正常値を示す)

卵巣の病気

思春期以降に始まる男性型多毛症

男性的な特徴の出現、肥満、不妊症、月経不順、にきび、頭髪の脱毛、インスリンへの感受性の低下、わきの下、うなじ、皮膚同士がこすれ合う部分の色が濃くなり厚みが増す(黒色表皮腫)

医師の診察

テストステロン、黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモンなどのホルモン濃度を測定する血液検査

通常、超音波検査

腫瘍

ときに以下の症状(しばしば突然始まる)。

  • 骨盤痛

  • 腹部の腫れまたは膨満

  • 体重減少

  • 他の男性的な特徴の出現

超音波検査

ときにCTまたはMRI検査

下垂体の病気

プロラクチンを分泌する下垂体腺腫(良性腫瘍)

授乳中ではない女性での母乳の分泌(乳汁漏出症)

無月経

ときに視力障害

プロラクチン濃度を測定する血液検査

脳のMRI検査

脳のMRIまたはCT検査

クッシング病を引き起こす下垂体の病気(下垂体腫瘍など)

コルチゾール濃度(クッシング病で高くなることがある)を測定する血液検査およびときに尿検査

デキサメタゾン抑制試験

脳のMRI検査

薬剤

アンドロゲン薬:

男性的な特徴の出現

タンパク同化ステロイドの使用(使用していても認めない場合もある)

医師の診察

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。