honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

色覚異常の原因

色覚異常の原因

色覚異常は、特定の色の見え方に影響を及ぼします。通常、色覚異常は先天的なものであり、ほとんどはX染色体の劣性遺伝子によるものです。したがって、色覚異常の人のほとんどは男性です。女性はこの遺伝子をもっていても自分自身に異常は現れませんが、子どもにその遺伝子が引き継がれる可能性があります。

ほとんどの色覚異常の原因は、光を感じる網膜の細胞である視細胞のうち、1つのタイプが相対的に不足していること、またはその細胞に異常があることです。最も多くみられるタイプである赤緑色覚異常はその一例です。しかし、青黄色覚異常は視神経の病気によって引き起こされることがあり、通常、遺伝性ではなく後天性です。色覚異常の中には眼の問題が原因ではなく、脳での色の認識に異常があるために起こるものもあります。

家族に色覚異常の人がいることが分かっている場合は、色覚検査を行うことがあります。うまく配色できないことに気づいて色覚検査を受ける人もいます。色を識別する能力が要求される職業につくため、あるいは飛行機のパイロットなどの免許を取得するために検査を受けて初めて問題に気づく人もいます。