Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
無月経の主な原因と特徴

無月経の主な原因と特徴

原因*

一般的な特徴

検査

内分泌疾患

温かく湿った皮膚、暑さに耐えられない、大量発汗、食欲亢進、体重減少、眼球の突出、複視、振戦(ふるえ)、頻回の排便

ときに甲状腺の肥大(甲状腺腫)

甲状腺ホルモンを測定する血液検査

寒さに耐えられない、食欲減退、体重増加、皮膚のきめが粗くなり肥厚する、眉毛の脱落、顔のむくみ、まぶたが垂れ下がる、疲労、反応の鈍化、ゆっくりした話し方になる、便秘

甲状腺ホルモンを測定する血液検査

視覚障害および頭痛(特に夜間)

ときに授乳中ではない女性での乳汁分泌(乳汁漏出症)

プロラクチンを測定する血液検査

脳のMRI検査

男性的な特徴の発達(過剰な体毛、声の低音化、筋肉の増加など)

月経不順または月経がない、にきび、体幹回りの過剰な脂肪、うなじの皮膚や、わきの下など皮膚がこすれ合う部分が黒ずみ、厚みが増す

ホルモンを測定する血液検査

卵巣に異常がないか確認する骨盤内超音波検査

ホットフラッシュ、寝汗、腟の乾燥および萎縮などの更年期症状

卵巣の摘出、化学療法、骨盤部(体幹の最下部)への放射線療法などの危険因子

エストロゲンや他のホルモンを測定する血液検査

35歳未満の女性では、組織サンプル(血液など)の染色体検査

通常、卵巣または副腎の腫瘍で男性ホルモン(アンドロゲン)を分泌するもの

CT検査、MRI検査、または超音波検査

解剖学的異常

先天異常

原発性無月経

正常な乳房および第二次性徴の発達

周期的に起こる腹痛および腟または子宮の膨隆(経血が排出されずにたまるため)

医師の診察

子宮卵管造影検査(造影剤を子宮と卵管に注入してから行うX線検査)または子宮鏡検査(観察用の管状の機器を腟から挿して子宮を観察する検査)

アッシャーマン症候群(感染や手術による子宮内膜[子宮の内側を覆っている組織]の瘢痕化)

続発性無月経

しばしば、繰り返す流産および不妊症

ソノヒステログラフィー(子宮内に液体を注入してから行う超音波検査)、子宮卵管造影検査、または子宮鏡検査

結果がはっきりしなければ、ときにMRI検査

続発性無月経

痛み、性器出血、便秘、繰り返す流産、頻尿や尿意切迫

超音波検査

筋腫の観察が難しい場合や異常にみえる場合は、ときにMRI検査

続発性無月経

性器出血

超音波検査、ソノヒステログラフィー、または子宮鏡検査

視床下部の機能不全の原因となる状態

過度の運動

しばしば低体重および低体脂肪

医師の診察

精神障害(うつ病や強迫症など)

日常生活からの引きこもり

反応の鈍化または悲しみ

ときに体重増加または体重減少、および睡眠障害または過眠

医師の診察

栄養不良(貧困、摂食障害、過度なダイエットなどによる)

しばしば低体重および低体脂肪または短期間での著しい体重減少

医師の診察

ストレス

ストレスの多いライフイベント、集中力の低下、不安、睡眠の問題(過眠または不眠)

医師の診察

*薬剤も無月経の原因になることがあります(以下の表参照)。

この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

プロラクチン(乳房からの乳汁の分泌を刺激するホルモン)の血中濃度が高い場合にも、無月経になることがあります。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。