Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
月経痛の主な原因と特徴

月経痛の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

子宮腺筋症(正常な状態では子宮の内側を覆っている組織[子宮内膜組織]が子宮の壁の中に入り込んで増殖する病気)

重く、痛みを伴う月経、月経期以外の性器出血、体幹の最下部(骨盤部)の痛み、膀胱や直腸の圧迫感

ときに性交時の痛み

骨盤内の超音波検査またはMRI検査

異常な性器出血(不正出血)のある女性では、出血の他の原因を否定するために、ときに生検

生殖器の先天異常

ときに内診で見つかる異常(異常に感じる、または外観が異常である性器や、骨盤部のしこりなど)

医師の診察

ときに子宮卵管造影検査(子宮と卵管に造影剤を注入してから行うX線検査)、ソノヒステログラフィー(子宮内に液体を注入してから行う超音波検査)、またはMRI検査

頸管狭窄(子宮頸部の通路が狭くなった状態)

月経不順または月経がない、月経期以外の性器出血、不妊症、および周期的に起こる腹痛

ときに腟または子宮の膨隆

医師の診察

ときに骨盤内超音波検査

卵巣の嚢胞や腫瘍(卵巣がんまたは良性の卵巣病変

たいていは無症状

ときに異常な性器出血(不正出血)

がんが進行していれば、ときに消化不良、腹部膨満、および背部痛

経腟超音波検査(手持ち式の装置を腟内に挿入して行う)

がんが疑われる場合、特定の腫瘍が分泌する物質を測定する血液検査

子宮内膜症(子宮以外の場所でみられる異常な子宮内膜組織)

鋭い、または締めつけるような痛みが月経開始前および開始後数日間に起こる

不妊症

性交時や排便時、排尿時の痛み

医師の診察

ときに腹腔鏡検査(へそのすぐ下の小さな切開口から観察用の管状の機器を挿入して内部を調べる検査)

ときに骨盤内超音波検査またはMRI検査

たいていは無症状

筋腫が大きい場合、ときに痛み、圧迫感、異常な性器出血(不正出血)、骨盤部の重感

超音波検査

ときにソノヒステログラフィーまたは子宮鏡検査(細い管状の機器を用いて子宮内部を観察する検査)

結果がはっきりしなければ、MRI検査

子宮内避妊器具(IUD)、銅を放出するもの、あるいは頻度は少ないがプロゲスチン(女性ホルモンの プロゲステロンを人工的に合成したもの)を放出するもの

痛みや性器出血(多くは子宮内避妊器具の挿入から数カ月で治まる)

医師の診察

通常、子宮内避妊器具が子宮内の正しい位置にあるかを調べる骨盤内超音波検査

骨盤内うっ血症候群(骨盤内の静脈にたまった血液による慢性痛)

以下のような痛み

  • 典型的に鈍痛でうずくような痛みであるが、ときに鋭い痛みやズキズキする痛みのこともある

  • 1日の終わりに悪化し、横になると和らぐ

  • 性交時や性交後に悪化する

しばしば腰痛、脚のうずくような痛み、および異常な性器出血(不正出血)

ときに透明または水っぽいおりもの

ときに疲労感、気分の変動、頭痛、および腹部膨満

医師の診察

超音波検査または特殊な画像技術

ときに腹腔鏡検査

性器出血またはおりもの

医師の診察

ときに骨盤内超音波検査、ソノヒステログラフィー、または子宮鏡検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

MRI = 磁気共鳴画像。