Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
鼻出血の主な原因と特徴

鼻出血の主な原因と特徴

原因*

一般的な特徴

検査

一般的なもの

鼻をかむまたはほじる

鼻への打撃、または他の鼻のけが

そうした行動やけがを報告する人にみられる

医師の診察

寒い気候のときなどに起こる、鼻の内側の湿った膜の乾燥

通常は診察時に乾燥が観察される

医師の診察

あまり一般的でないもの

鼻の感染症(かぜ副鼻腔炎など)

鼻孔内のかさぶた

しばしば痛みと鼻の内側の湿った膜の乾燥

医師の診察

全身性疾患、例えば重度の肝疾患エイズ

そうした病気があると分かっている人にみられる

医師の診察

鼻の中の異物(主に小児にみられる)

一方の鼻孔から出て、しばしば繰り返す鼻出血や悪臭を放つ分泌物

医師の診察

通常は高齢者にみられる

医師の診察

顔面、唇、口や鼻の内側の膜、手足の指先にみられる、細い血管の拡張(毛細血管拡張)

通常は家族がこの病気にかかっている人にみられる

医師の診察

鼻または副鼻腔の腫瘍(良性または悪性)

ときに鼻の中に腫瘤が見える

鼻の側面の膨らみ

CT検査

鼻の内部を2つに隔てる鼻中隔にあいた穴(穿孔)

診察時に穴が見える

ときに、コカインを頻繁に鼻で吸う人にみられる

医師の診察

出血性疾患(凝固障害)

鼻出血や他の部位(歯ぐきなど)での出血があった人にみられる

血液検査、血算や血液が凝固する速度を測定する検査

*鼻出血の原因となる病気は、出血性疾患の患者や血液凝固を妨げる薬を服用している患者では、さらに鼻出血を引き起こす可能性が高くなります。そうした患者では、より出血が激しく治療が難しいことがよくあります。

この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

CT = コンピュータ断層撮影。