Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
消化不良の主な原因と特徴

消化不良の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

胸の不快感

少量の食事での満腹感(早期満腹感)、吐き気、嘔吐、腹部膨満、食事により悪化する症状

バリウムを経口投与してから行う上部消化管のX線検査(食道造影検査)

食道収縮時の圧力測定(食道内圧検査)

慢性の漠然とした不快感

後に、食道がんによる嚥下困難や胃がんによる早期満腹感

体重減少

上部消化管内視鏡検査(内視鏡と呼ばれる観察用の柔軟な管状の機器を用いた食道、胃、十二指腸の検査)

腹部CT検査

冠動脈虚血(冠動脈への血流が不十分)

ときに運動時に症状が生じる場合にみられる

心疾患の危険因子(高血圧、糖尿病、コレステロール高値など)

血液検査

ときに負荷試験

薬(ビスホスホネート系薬剤、エリスロマイシン、他のマクロライド系抗菌薬、エストロゲン、鉄剤、非ステロイド系抗炎症薬[NSAID]、カリウムなど)

消化不良を引き起こす薬を服用している場合にみられる

薬を服用した直後に症状が発生

医師の診察

ときに液体と固形物の嚥下困難

胸やけやときに胃酸または胃内容の口腔内への逆流

ときに横になると症状が誘発される

制酸薬で緩和する

医師の診察

ときに、胃酸分泌を抑制する薬による治療を試す

ときに上部消化管内視鏡検査

食事の前に発生し、食事または制酸薬、ヒスタミンH2受容体拮抗薬、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の服用により部分的に軽減する灼熱痛またはさしこみ痛

夜に目覚めることがある

胃内容の排出不良(胃不全麻痺)、通常は糖尿病、結合組織疾患、神経疾患など別の病気に起因

吐き気、腹痛、ときに嘔吐

早期満腹感

ときに原因疾患が確認されている場合にみられる

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。特徴は原因間で重複しています。

CT = コンピュータ断層撮影