Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
ガスが関係する症状の主な原因と特徴

ガスが関係する症状の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

げっぷ

空気嚥下

本人が空気を飲み込んだことに気づく場合も気づかない場合もある

ときに喫煙者または過剰にガムを噛む人にみられる

ときに食道逆流または不適合義歯がある人にみられる

医師の診察

炭酸飲料によるガス

通常は病歴に基づいて飲料摂取が明らか

医師の診察

腹部膨隆または腹部膨満

空気嚥下

上のげっぷを参照

医師の診察

排便に関連する腹痛とともに、排便回数、便の硬さ、またはその両方に変化がみられる

警戒すべき徴候はない

典型的に青年期および20代からみられる

医師の診察

便検査

血液検査

胃内容の排出不良(胃不全麻痺)、通常は糖尿病、結合組織疾患、神経疾患など別の病気に起因

吐き気、腹痛、ときに嘔吐

早期満腹感

ときに原因となる病気が確認されている場合にみられる

ときに抗コリン作用のある薬を服用している場合にみられる

上部消化管内視鏡検査や核医学検査による胃内容排出の評価

薬が原因として疑われる場合は、薬を中止し症状が消失するかどうか確認する

症状が長期にわたり、特に若年の女性にみられる

細身であるにもかかわらず、過剰な体重を非常に心配する人にみられる

医師の診察

排便が困難で回数が少ないという長期の病歴

医師の診察

中年または高齢者で、持続性の腹部膨満が新たに生じる

結腸がんの場合、ときに血便(血液が目に見えるか、または医師の診察で検出される)

卵巣がんが疑われる場合は、骨盤部の超音波検査

放屁(鼓腸)

豆類、乳製品、野菜(タマネギ、セロリ、ニンジン、芽キャベツなど)、果物(干しブドウ、バナナ、アンズ、デーツ、リンゴジュース、梨ジュース、プルーンジュースなど)といった食べもの、フルクトースを含む食べもの(コーラ炭酸飲料、ハチミツ、ナッツ類など)、プルーン、ワッフルシロップ、メープルシロップ、複合炭水化物(プレッツェル、ベーグル、小麦胚芽など)

主にガスを発生する食べものを摂取したときに症状が現れる

医師の診察

疑われる食べものを食事から除外して、症状が消失するかどうかを確認する

乳製品を食べた後の腹部膨満、けいれん、下痢

食べものが未消化であることを示す水素を検出する呼気試験

便が明るい色で、柔らかく、大量で、異常な悪臭を放ち、また油っぽく見えることがある

筋力低下、食欲不振、下痢

しばしば小児期からみられる

セリアック病でグルテンを含む食べものを摂取したときに産生される抗体を測定する血液検査と小腸上部の生検

便が明るい色で、柔らかく、大量で、異常な悪臭を放ち、また油っぽく見えることがある

吐き気、食欲不振、下痢、腹部けいれん、体重減少

血液検査と小腸の生検

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

医師は通常、妊娠可能年齢のすべての女児と女性に対して尿妊娠検査を行います。

上部消化管内視鏡検査では、内視鏡と呼ばれる観察用の柔軟な管状の機器を用いて食道、胃、十二指腸(小腸の最初の部分)が調べられます。