Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
便秘の主な原因と特徴

便秘の主な原因と特徴

原因

例/一般的な特徴*

検査

急性便秘

急性腸閉塞

腸管のねじれ(腸捻転)、ヘルニア、癒着、宿便

通常は嘔吐、けいれん性腹痛、腹部膨隆

腹部X線検査

ときにCT検査

イレウス(腸の収縮運動が一時的に停止)

敗血症(血液の重度の感染症)などの重大な急性疾患

腹部手術の直後

最近の頭部損傷や脊髄損傷

長期臥床

腹部X線検査

抗コリン作用を有する薬、例えば、抗ヒスタミン薬、一部の抗うつ薬、抗精神病薬、パーキンソン病の治療に使用される薬、消化管の筋れん縮を抑えたり止めたりする薬(鎮けい薬)など

特定の金属(鉄、アルミニウム、カルシウム、バリウム、ビスマス)を含む薬

オピオイド

カルシウム拮抗薬

通常は新しい薬を使用し始めた直後に便秘が現れる

便秘の他の原因を否定するための医師の診察

ときに薬の使用を中止して便秘が解消するかどうか確認する

慢性便秘

しばしば最近発生した便秘が数週間持続し、腫瘍の増殖につれて徐々に悪化する

ときに血便(血液が目に見えるか、または医師の診察で検出される)

代謝性疾患

糖尿病甲状腺機能低下症、血中カルシウム濃度の上昇(高カルシウム血症)、腎不全、妊娠

血液検査

中枢神経系疾患(脳や脊髄が侵される)

MRI検査やCT検査

末梢神経系疾患(脳および脊髄以外の神経が侵される)

医師の診察

ときにバリウムを直腸に注入した後のX線検査(下部消化管造影検査)や生検

全身性疾患

全身性強皮症アミロイドーシス、皮膚炎に加え筋炎や筋変性を併発(皮膚筋炎)、筋力低下と筋強直(筋強直性ジストロフィー

医師の診察

ときに生検や血液検査

機能性疾患

結腸の活動性低下(結腸無力症)、過敏性腸症候群、排便困難

しばしば肛門や直腸の閉塞感、排便が長いまたは困難、排便時の過度の力み

医師の診察

場合によりS状結腸内視鏡検査

食事に関する要因

食物繊維が少ない食事、下剤の長期乱用

医師の診察

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

急性便秘と慢性便秘の原因にはいくつか重複があります。特に、薬は両方で一般的な原因です。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。