Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

胃酸の治療に使用される薬

胃酸の治療に使用される薬

治療薬の種類

主な副作用

備考

制酸薬

  • 水酸化アルミニウム

  • 炭酸カルシウム

  • 水酸化マグネシウム

  • 炭酸水素ナトリウム

水酸化アルミニウム:吐き気、頭痛、筋力低下、食欲不振、便秘

水酸化マグネシウム:下痢

これらの薬は、治癒のためではなく、主に症状の緩和に使われる。

ヒスタミンH2受容体拮抗薬

  • シメチジン

  • ファモチジン

  • ニザチジン

発疹、発熱、下痢、筋肉痛、錯乱

シメチジン:男性で乳房腫大および勃起障害の可能性、一部の薬の排出が妨げられる可能性

1日1回の用量を夕方か就寝時に服用する。午前中に服用すると効果が低くなる。

プロトンポンプ阻害薬

  • エソメプラゾール

  • ランソプラゾール

  • オメプラゾール

  • パントプラゾール

  • ラベプラゾール

下痢、便秘、頭痛

これらの薬は通常はよく耐えられ、胃酸を最も効果的に減らす手段である。

胃酸のための他の薬

  • ミソプロストール

  • スクラルファート

ミソプロストール:腹部けいれん、自然流産、下痢

スクラルファート:他の薬の吸収低下の可能性、便秘

ミソプロストールはその副作用のために、胃の病気の治療に使用されることはめったにありません。

スクラルファートは胃酸の分泌には影響しませんが、胃潰瘍を覆って酸から保護します。