Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
頭痛の主な原因と特徴

頭痛の主な原因と特徴

種類または原因

一般的な特徴*

検査

原発性頭痛(他の病気によらないもの)

以下に当てはまる突き刺すような重度の頭痛

  • 頭部の片側に起こり、特に眼の周りに集中する

  • 15~180分続く(通常は30分から1時間)

  • しばしば、同じ時間帯に起こる

  • 集中的に起こる時期と、まったく起こらない休止期間が交互に現れる

  • 通常は光、音、匂いによって悪化することはない

  • 嘔吐は伴わない

横になれない、落ち着かない(ときに動悸が激しくなる)

医師の診察

ときに、頭部のMRIまたはCT検査により、他の病気の可能性を否定する(特に、頭痛が最近起こるようになったり、症状のパターンが変わったりした場合)

中等度から重度の頭痛があり、

  • 典型的には拍動性(ズキズキする痛み)であり、通常は頭部の片側にみられるが、両側にみられることもある

  • 痛みは数時間から数日続く

  • 睡眠不足、頭部外傷、空腹、ある種のワインや食べものが引き金になることがある

  • 身体活動によって悪化することがある

  • 睡眠によって軽快する

  • しばしば、吐き気、嘔吐を伴い、大きな音、明るい光、匂いに敏感になる

しばしば、片頭痛が始まるという予感(予兆と呼ばれ、具体的には気分の変化、食欲不振、吐き気など)

発作の前は、一時的な感覚障害、バランス障害、筋肉の協調運動障害、発話障害、視覚障害(チカチカする光が見えたり、盲点が現れたりする)が起こることがある(これらの症状は前兆と呼ばれる)

群発頭痛と同様

通常は軽度から中等度の頭痛がある

  • 頭をベルトで締めつけられるような感じが、頭部の前面または眼の周囲から始まります。

  • 頭部全体に広がる

  • 30分から数日続く

  • 1日の終わりに悪化することがある

  • 身体的活動、光、音、または匂いによって悪化することはない

  • 吐き気、嘔吐、その他の症状を伴わない

群発頭痛と同様

二次性頭痛(他の病気によるもの)

ふらつき感、食欲不振、吐き気と嘔吐、疲労、脱力、易怒性、睡眠障害

最近高地に行った人(6時間以上飛行した場合を含む)

医師の診察

以下に当てはまる軽度から重度の頭痛

  • 進行性に悪化することがある

  • 通常、起こる頻度が徐々に高まり、最終的に常に持続するようになる

  • 突然姿勢を変えると、かすみ目をきたすことがある

  • 動きのぎこちなさ、脱力、錯乱、吐き気、嘔吐、けいれん発作、または視覚障害を伴うことがある

MRIまたはCT検査

一酸化炭素は無色無臭であるため、曝露に気がつかないことがある

血液検査

歯(上の歯)の感染症

以下に当てはまる痛み

  • 通常は顔全体に起こり、たいてい片側に限局する

  • ものをかむと悪化する

歯痛

歯の診察

様々な種類の頭痛

しばしば、発熱、眠気の悪化、錯乱、興奮、脱力、動きのぎこちなさを伴う

けいれん発作と昏睡

MRIまたはCT検査、腰椎穿刺

片側のこめかみのズキズキとした痛み

髪をとかすときやものをかむときの痛み

ときに、こめかみの動脈(側頭動脈)の拡大、うずきや痛み(特に肩、太もも、股関節)

ときに、視覚障害または視力障害

55歳以上の人に多い

血液検査により、炎症の指標である赤血球沈降速度(赤沈)を測定する

側頭動脈の生検

前頭部、眼の中、または眼の上に起こる中等度から重度の痛み

眼が赤くなる、光の周りに虹のような輪が見える(光輪視)、吐き気、嘔吐、視力障害

できる限り早く眼の診察

頭部外傷の直後またはしばらく後に始まる頭痛(意識消失の有無は問わない)

ときに記憶障害、人格変化、またはその両方

CTまたはMRI検査

以下に当てはまる頭痛

  • 毎日またはほぼ毎日起こり、強さが変動する

  • 頭部の両側に起こる

ときに、複視またはかすみ目、吐き気、または拍動と同時に起こる耳鳴り(拍動性耳鳴)

以下に当てはまる軽度から重度の痛み

  • 突然始まる

  • 頭部の両側に起こる

  • 吐き気や、ときに嘔吐を伴う

ときに、激しい眠気、動きのぎこちなさ、筋力低下、発話困難や話を理解することの困難、視力障害、感覚消失、または錯乱

ときに、けいれん発作または昏睡

CTまたはMRI検査

激しい頭痛に、しばしば項部硬直と吐き気を伴う

痛みは座っているときまたは立っているときに悪化し、横になると軽減する

通常は腰椎穿刺の後に起こる

医師の診察

頭痛が(腰椎穿刺の後ではなく)自然に生じた場合、造影剤を静脈に注射して行うMRI検査

薬物乱用頭痛

慢性的な頭痛がしばしば毎日ある

片頭痛または緊張型頭痛のある人に起こることが多い

痛み止め(NSAIDやオピオイドなどの鎮痛薬)、バルビツール酸系薬剤、カフェインのほか、ときにトリプタン系薬剤その他頭痛の治療に用いられる薬剤の過剰使用

医師の診察

重度の持続的な頭痛

発熱

発熱と項部硬直(あごを胸につけようとすると痛みが生じ、ときにあごを胸につけることができない)

けん怠感、眠気、吐き気、または嘔吐

腰椎穿刺(通常はその前にCTを行う)

以下に当てはまる痛み

  • ときに顔や前頭部に現れたり、歯痛として現れることがある

  • 突然生じて数日または数時間で治まることもあれば、徐々に始まってしつこく続くこともある。

鼻水がみられ、ときに膿や血が混じる

けん怠感、ときに夜間のせきがあり、しばしば発熱を伴う

医師の診察

ときに副鼻腔のCT検査または鼻の内視鏡検査

以下に当てはまる重度の持続する痛み

  • 突然始まり、数秒以内に最強になる(雷鳴頭痛)

  • 経験してきた中で最もひどい頭痛と説明する患者が多い

頭痛の開始と同時に、短時間の意識消失を伴うことがある

ときに、眠気、錯乱、覚醒困難、または昏睡

項部硬直、吐き気と嘔吐、めまい、腰痛

MRIまたはCT検査

MRIまたはCT検査で異常がみられない場合は腰椎穿刺

様々な種類の頭痛

ときに、眠気、錯乱、もの忘れ、体の片側の筋力低下または麻痺

MRIまたはCT検査

硬いものをかむときの痛み

ときに、あごもしくは首、またはその周囲の痛み

ときに、開口時に「カクン」もしくは「ポン」という音がする、顎が動かない、または大きく開口しにくい

身体診察(ときに歯科医による診察)

ときに、MRI検査、X線検査、またはCT検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像、NSAID = 非ステロイド系抗炎症薬。