Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
妊娠前半にみられる性器出血の主な原因と特徴

妊娠前半にみられる性器出血の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

妊娠に関連する病気(産科疾患)

わずかな性器出血のみの場合がある

以下のような腹痛または骨盤痛

  • しばしば急に始まり持続する(けいれん性ではない)

  • 特定の部位で始まる

  • ごくわずかに痛む場合もある

通常、内診の際の圧痛

異所性妊娠が破裂した場合、失神、ふらつき、動悸

通常、血液検査により胎盤から分泌されるホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン、hCG)を測定する

骨盤内超音波検査

ときに腹腔鏡検査(腹部の切開口から観察用の管状の機器を挿入して内部を調べる検査)または開腹(腹部の切開を伴う手術)

  • すでに起こった、または進行中の流産

  • 起こる可能性がある(切迫流産)

骨盤部の締めつけるような痛みで、しばしば腹部全体に広がる

しばしば性器出血、ときに胎児の組織の排出を伴う

異所性妊娠の検査と同様

敗血性流産(子宮内容物が感染を起こした状態)

通常は、妊娠中絶(未熟な医療従事者や妊婦自身が行う場合が多い)を受けた女性にみられる

異所性妊娠の検査と同様

子宮頸部から採取したサンプルの培養

予想される以上に大きい子宮

胎児の心拍および胎動の欠如

ときに高血圧、足または手のむくみ、激しい嘔吐、ブドウの房状の組織の排出

異所性妊娠の検査と同様

黄体嚢胞(排卵後の卵胞に発生する)の破裂

以下のような腹痛または骨盤痛

  • 特定の部位で始まる

  • ときに吐き気や嘔吐を引き起こす

  • 通常、急に始まる

妊娠12週までに最も多い

異所性妊娠の検査と同様

妊娠に関連のない病気

性器出血(ごく少量または軽い出血)

おりもの

性交時の痛み、骨盤痛、または両方

医師の診察により他の原因の可能性を否定する

子宮頸部から採取したサンプルの培養

性器出血(ごく少量または軽い出血)

ときに内診の際の圧痛、腹痛、または両方

医師の診察により他の原因の可能性を否定する

子宮頸部から採取したサンプルの培養

軽い出血

痛みはない

子宮頸管内に突出したポリープが見える場合がある

医師の診察

フォローアップ受診によりさらにポリープを評価する

損傷

子宮頸部または腟の裂傷

医師の診察

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

女性が市販の妊娠検査薬しか使用していない場合、一般的に尿妊娠検査が行われます。異所性妊娠は非常に危険な状態になることがあるため、症状が明らかに別の病気を示唆していない限り、性器出血のある女性のほとんどで異所性妊娠がないか調べるための検査を行います。