Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
異常な性器出血の主な原因と特徴

異常な性器出血の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

乳児期

出生前の母体のエストロゲンへの曝露

生後1~2週間の少量の出血

医師の診察

小児期

腟内の異物

通常は悪臭のあるおりもの(しばしば少量の血液が含まれている)

ときに、過去に腟内に異物を挿入したことがある

医師の診察(ときに鎮静または全身麻酔を行ってから)

乳房の発達や陰毛とわき毛の出現(思春期にみられる)が通常より低い年齢で起こる

手と手首のX線検査

ホルモンを測定する血液検査

性的虐待

歩行や座位の困難または性器、肛門、口の周囲のあざや裂傷

腟分泌物またはかゆみ

医師の診察

性感染症の検査

妊娠可能年齢

通常、頻繁または不規則に起こる出血、または一般的な月経より長く続く、もしくは重い出血

血液検査や超音波検査(しばしば手持ち式の超音波装置を腟内に挿入して行う)など他に考えられる原因の可能性を否定するための検査

鋭い、または締めつけるような痛みが月経開始前および開始後数日間に起こる

しばしば性交時または排便時の痛み

やがて月経周期に関係なく痛みを引き起こすことがある

ときに不妊症

医師の診察

腹腔内に腹腔鏡(観察用の細い管状の機器)を挿入して異常な組織を調べ、生検のためのサンプルを採取する

たいていは無症状

筋腫が大きい場合、ときに骨盤部の痛み、圧迫感、または重感

医師の診察

しばしば超音波検査またはソノヒステログラフィー(子宮内に液体を注入してから行う超音波検査)

結果がはっきりしなければ、MRI検査

甲状腺機能低下症(甲状腺の活動が不十分になった状態)などの内分泌疾患

  • 遅い心拍

  • 体重増加

  • 寒さに耐えられない

  • 乾燥して荒れた皮膚

  • 特徴的な顔つきになり、表情が乏しい

  • 反応の鈍化

甲状腺ホルモンを測定する血液検査

過剰な体毛(男性型多毛症)

不規則な月経または無月経、にきび、および体幹回りの過剰な脂肪

うなじの皮膚や、わきの下など皮膚がこすれ合う部分が黒ずみ、厚みが増す

医師の診察

テストステロン(男性ホルモンの1つ)や卵胞刺激ホルモン(エストロゲンとプロゲステロンを分泌するよう卵巣を刺激するのを助ける)などのホルモンを測定する血液検査

骨盤内超音波検査

たいていは無症状

月経期以外の時期または性交後に起こる出血

妊娠合併症(妊娠が認識されていない場合)

締めつけるような骨盤痛(体幹の最下部)または背部痛

ときに腟からの組織の排出(流産で通常みられる)

異所性妊娠が破裂すると、持続する骨盤痛やときにふらつき、失神、または危険なレベルの低血圧(ショック)

医師の診察

骨盤内超音波検査

異所性妊娠が疑われる場合

  • 胎盤から分泌されるホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン、hCGと呼ばれる)を測定する尿検査および血液検査

  • 異所性妊娠が疑われる場合、ときに腹腔鏡検査(細い管状の機器を腹部に挿入して内部を観察する検査)または開腹(医師が臓器を直接観察できるよう、腹部を大きく切開する)

経口避妊薬または他のホルモン剤による避妊法を用いて最初の数カ月に、少量の性器出血または月経期以外の出血(破綻出血)

たいていは無症状

医師の診察

閉経後

腟粘膜が薄くなる(萎縮性腟炎)

少量のおりもの

性交時の痛み

医師の診察

分泌物のサンプルの顕微鏡検査および分析

子宮内膜の肥厚(子宮内膜増殖症)

たいていは無症状

子宮鏡検査(腟から観察用の管状の機器を挿入して子宮を観察する)またはソノヒステログラフィー

子宮内膜から採取した組織の生検

たいていは進行するまで無症状

ときに性器出血または茶色もしくは血の混じったおりもの

徐々に現れる痛み

ときに体重減少

生検

ときに超音波検査、MRI検査、CT検査などによる骨盤部の画像検査

すべての年齢層

あざができやすい

歯磨き中や軽い切り傷からの過剰な出血

皮下出血を示唆する小さな赤紫色の点状の発疹(点状出血)またはそれより大きなしみ(紫斑)

血算(血小板数を含む)

血液の凝固能(プロトロンビン時間と部分トロンボプラスチン時間)を評価する血液検査

血液サンプルの顕微鏡検査

けが(性的虐待によるものを含む)

ときにけがの既往

しばしばおりもの

医師の診察

性的虐待が疑われる場合は以下

  • 分泌物のサンプルの顕微鏡検査および分析

  • 子宮頸部から採取した分泌物のサンプルを使用して行う、性感染症を検出する検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。