Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
脳の内部または周囲に発生する腫瘍*

脳の内部または周囲に発生する腫瘍*

腫瘍の種類

由来

悪性度

原発性脳腫瘍全体に占める割合

罹患する集団

星細胞腫(神経膠腫の一種)

神経細胞を支える組織の細胞(神経膠細胞)

悪性または良性(良性腫瘍である星細胞腫の一部は悪性腫瘍に変化する)

注を参照のこと。)

小児、成人

脊索腫

脊髄のもとになる胚の細胞(胚細胞)

良性であるが浸潤性

1%未満

小児、成人

生まれたときから存在していることがある

頭蓋咽頭腫

下垂体の胚細胞

大部分が良性

1%未満

小児、成人

生まれたときから存在していることがある

類皮嚢胞および類表皮嚢胞

皮膚の胚細胞

良性(がんではない)

1%未満

小児、成人

類皮嚢胞:生まれたときから存在していることがある

上衣腫

脳室の内壁を覆っている組織の細胞

大部分が良性

約2~3%(小児の脳腫瘍の約10%)

小児

成人ではまれ

胚細胞腫瘍(胚細胞腫を含む)

松果体付近の胚細胞

悪性または良性

1%

小児

胚細胞腫:生まれたときから存在していることがある

膠芽腫(神経膠腫の一種)

悪性(がん)

約15%

成人

血管芽腫

血管のもとになる胚細胞

良性(がんではない)

1~2%

小児、成人

髄芽腫

小脳の胚細胞

悪性(がん)

小児の脳腫瘍のほぼ20%

小児、まれに成人

髄膜腫

脳を覆う組織層(髄膜)の細胞

良性であるが再発の可能性あり

約35%

成人

乏突起膠腫(神経膠腫の一種)

脳内の神経線維を取り巻いて髄鞘を形成している細胞(乏突起膠細胞)

悪性であるが、ゆっくり増殖する(最終的に退形成性乏突起膠腫に変化することが多い)

2~10%

小児、成人

松果体腫瘍

松果体または付近の組織の細胞

良性または悪性

1%未満

小児

下垂体腺腫

下垂体の細胞

良性(がんではない)

10%

小児、成人

未分化神経外胚葉性腫瘍

脳室の内壁を覆っている未熟な細胞

通常は良性であるが、ときに悪性化する

1%未満

小児および若い成人

神経細胞腫

脳室の内壁を覆っている未熟な細胞

通常は良性であるが、ときに悪性化する

1%未満

小児および若い成人

原発性脳腫瘍全体に占める割合は、別に記載のない限り、この欄に記載します。

星細胞腫、上衣腫、多形性膠芽腫、髄芽腫、乏突起膠腫はいずれも神経膠腫で、原発性脳腫瘍全体の65%を占めます。