Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
主なリケッチア感染症と関連感染症

主なリケッチア感染症と関連感染症

感染症

感染する微生物

宿主

感染症の発生する地域

説明

発疹チフス

発疹チフスリケッチア Rickettsia prowazekii、シラミや、詳細は不明であるがムササビの1種によっても媒介される

ヒト、ムササビ

世界中(米国ではまれであるが、ときにムササビと接触した人に発生)

細菌が体内に侵入してから7~14日後に、発熱、頭痛と極度の疲労感の症状が突然起こります。4~6日目に発疹が発生します。治療しなければ死に至ることがあり、特に50歳以上の人では注意が必要です。

発疹熱

発疹熱リケッチア Rickettsia typhiまたはリケッチア・フェリス Rickettsia felis、ノミにより媒介

ネコ、げっ歯類、オポッサム

世界中

細菌が体内に侵入してから8~16日後に症状が始まり、発疹チフスと似ていますがより軽度です。

ツツガムシ病

ツツガムシ病

オリエンティア・ツツガムシ Orientia tsutsugamushi(以前はツツガムシ病リケッチア Rickettsia tsutsugamushi)、ダニの幼虫(ツツガムシ)により媒介

ダニ(ダニは媒介者にも宿主にもなる)

日本、韓国、中国、インド、オーストラリア北部に囲まれるアジア太平洋地域

細菌が体内に侵入してから6~21日後に、発熱、悪寒、頭痛、リンパ節の腫れが突然発生します。ツツガムシに刺された部位に黒いかさぶたができます。5~8日目に発疹が発生します。

紅斑熱

ロッキー山紅斑熱リケッチア R. rickettsii、マダニにより媒介

げっ歯類

米国の大半(メイン州、ハワイ州、アラスカ州を除く)と中南米を含む西半球

細菌が体内に侵入してから3~12日後に症状が始まります。

リケッチア・アフリカーエ Rickettsia africae、マダニにより媒介

ウシ

サハラ以南アフリカと西インド諸島

細菌が体内に侵入してから4~10日後に症状が始まります。マダニに咬まれた部位に黒いかさぶたができます。

リケッチア・コノリイ Rickettsia conorii、イヌダニにより媒介

イヌ

アフリカ、インド、南欧、中東の地中海、黒海、カスピ海沿岸地域

細菌が体内に侵入してから5~7日後に症状が始まります。マダニに咬まれた部位に黒いかさぶたができます。

リケッチア・シビリカ Rickettsia sibirica、マダニにより媒介

げっ歯類

アルメニア、中央アジア、シベリア、モンゴル、中国

マダニに咬まれた部位に黒いかさぶたができます。

リケッチア・オーストラリス Rickettsia australis、マダニにより媒介

げっ歯類

オーストラリア

マダニに咬まれた部位に黒いかさぶたができます。

リケッチア・パルケリ Rickettsia parkeri、マダニにより媒介

げっ歯類

米国南部および南米

細菌が体内に侵入してから2~10日後に症状が始まります。マダニに咬まれた部位に黒いかさぶたができます。

痘瘡リケッチア Rickettsia akari、ダニにより媒介

ハツカネズミ

ニューヨークで最初に発見

米国の他の地域、ロシア、韓国、アフリカ

ダニに刺された部位に小さな黒いかさぶたが現れます。それが小さな潰瘍となり、治癒すると瘢痕になります。約1週間後、発熱、頭痛、筋肉痛、広範な発疹が現れます。

ヒト単球エーリキア症

エーリキア・シャフェンシス Ehrlichia chaffeensis、マダニ(主にローンスターダニ)により媒介

オジロジカやその他の哺乳類

米国南東部と中南部

マダニに咬まれてから約12日後に症状が始まります。発熱、悪寒、筋肉痛、脱力、吐き気や嘔吐、せき、頭痛、全身のだるさなどがみられます。発疹が体幹、腕、脚に現れます。

ヒト顆粒球アナプラズマ症

アナプラズマ・ファゴサイトフィルム Anaplasma phagocytophilum、マダニにより媒介

主にネズミなど小形のげっ歯類

米国の北東部、中部大西洋沿岸、中西部北方地域、西海岸

欧州

マダニに咬まれてから約12日後に症状が始まります。発熱、悪寒、筋肉痛、脱力、吐き気や嘔吐、せき、頭痛、全身のだるさ(けん怠感)などがみられます。

Q熱

コクシエラ・ブルネッティ Coxiella burnetii、空気中の細菌に汚染された飛沫を吸入することや、汚染された生の牛乳を飲むことにより感染

ヒツジ、ウシ、ヤギ

世界中

細菌が体内に侵入して9~28日後に症状が突然始まります。発熱、重度の頭痛、悪寒、極度の脱力、筋肉痛、食欲減退、発汗、空せき、胸の痛み、息切れ(肺炎が原因)などの症状がみられますが、発疹は起こりません。