Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
まぶたの腫れの主な原因と特徴

まぶたの腫れの主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

まぶたの病気

眼だけに起こるアレルギー反応

かゆみはあるが、痛みはない

まぶたや、ときに結膜(まぶたの裏側と眼の前面を覆う膜)が腫れぼったく蒼白になる

ときに、前にも同じようなことがあった人や、アレルゲンにさらされた人にみられる

上下いずれかまたは両方のまぶたにみられる

医師の診察

まつ毛の上の黄色いかたまり

眼のかゆみ、灼熱感、発赤、痛み、またはこれらの組合せ

ときに、脂漏性皮膚炎(頭皮や顔面に油分の多い角質がみられることを特徴とする皮膚炎)を伴う

通常、上下両方のまぶた

医師の診察

赤くなった皮膚の上に集まる水疱(すいほう)、ただれ(潰瘍[かいよう])、激しい痛み

通常、片眼のみ(小児では両眼に現れることもある)

医師の診察

上下いずれかのまぶたの上に赤く痛みのある部位

やがて、まぶたの縁から離れたところに、丸く、痛みのない腫れができる

医師の診察

白眼の部分が赤くなる、目やに、ときに起床時のまつ毛の上のかたまり

片眼または両眼

医師の診察

赤くなった皮膚の上に集まる水疱(すいほう)、ただれ(潰瘍[かいよう])、激しい痛み

通常、片眼のみで付近の皮膚の発疹を伴う

医師の診察

上下いずれかのまぶたの発赤と痛み

やがてまぶたの縁が腫れる。ときに小さく膿のたまった隆起を伴う

医師の診察

虫刺され

かゆみ、発赤、ときに赤い隆起

医師の診察

眼窩内部または周囲の病気

頭痛、眼球の突出、眼の筋肉が弱くなることによる複視、まぶたが垂れ下がる、視力障害、発熱

通常、最初は上下いずれかのまぶたに現れ、その後他方のまぶたに及ぶ

副鼻腔炎の症状(頭を動かしたときに悪化する眼の後方または顔面の痛み、鼻汁、ときに出血を伴う鼻汁)、または、顔のその他の感染症(眼窩蜂窩織炎や眼窩隔膜前蜂窩織炎など)の症状

直ちにCTまたはMRI検査

眼球の突出、眼が赤くなる、眼の奥深くの痛み

まぶたの発赤と腫れ

ときに複視、眼を特定の方向へ動かせない、眼を動かすと痛む、または視力障害

通常、片眼のみ

発熱

ときに、副鼻腔炎の症状が先に現れる

CTまたはMRI検査

眼の周囲の腫れと発赤はあるが、眼球は突出しない

ときに、(通常は眼の周りの)痛みと発熱

通常、片眼のみ

視力と眼の動きは正常

ときに、眼の近くの皮膚の感染症の後に起こる

ときにCTまたはMRI検査

全身の病気

アレルギー反応

かゆみ

ときに、その他の部位のアレルギー症状(じんま疹、喘鳴[ぜんめい]、鼻水など)

ときに、前にもアレルギーにかかったことがある人、アレルゲンにさらされた人、多くのアレルギーがある人などにみられる

通常、両眼に現れる

医師の診察

全身の腫れをきたす病気(慢性腎臓病、心不全、肝不全、妊娠している女性、妊娠高血圧腎症)

上下両方のまぶたの腫れ、ときに額の腫れ

かゆみ、痛み、発赤はなく、その他の眼の症状もない

通常、足の腫れ

疑いに応じて、心疾患、肝疾患、または腎疾患の検査

顔は腫れぼったくなるが、痛みはない

乾いた角質の多い皮膚と粗い髪

寒さに耐えられない

血液検査による甲状腺機能の評価

眼球の突出、複視

一般的には痛みは伴わない

心拍数の増加、不安、体重減少

血液検査による甲状腺機能の評価

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

これらの病気はまれです。

これらの病気では、上下両方のまぶたが腫れ、発赤はありません。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。