honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

心肺蘇生:実際にどれくらい効果があるのか

心肺蘇生:実際にどれくらい効果があるのか

ドラマや映画では、心臓発作または何らかの理由で倒れた人が、心肺蘇生によって生き返るのが普通です。

しかし実際には、心肺蘇生によって人が息を吹き返す確率ははるかに下がります。

病院以外の場所で心臓発作を起こして病院に生きてたどり着くことができるのはほんの数パーセントに過ぎません。生きて病院にたどり着いた場合でも、基礎にある心疾患のため、多くの人が退院する前に死亡してしまいます。退院できた人のうち、多くが心臓発作から1年以内に亡くなります。

一般にドラマや映画では、若く比較的健康な人や、ときには重篤なけがを負った人に心肺蘇生が行われます。しかし実際には、心肺蘇生を必要とする人のほとんどは高齢者で、その多くは様々な重篤な基礎疾患をもっています。こういった人たちが心肺蘇生後に回復する見通しははるかに低くなります。しかも、心停止の原因がけがである場合、心肺蘇生が有効であることはまれです。

テレビや映画では、患者は亡くなるか完全に回復するかのどちらかです。しかし実際には、心肺蘇生を受けて生き延びた人の多くは、脳への血流が不足した結果、重篤な身体障害を抱えることになります。