honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

骨の治癒過程

骨の治癒過程

皮膚、筋肉、内臓などの大半の組織は、激しい損傷を受けると、損傷した組織に代えて瘢痕(はんこん)組織を作り、欠損部を修復します。瘢痕組織の多くは、正常な組織と見た目が違ったり、その部分の機能に影響を及ぼしたりします。一方、骨の治癒過程では、実際の骨組織が作られます。

折れた骨が自己修復すると、最終的に骨折部位と他の部分の見分けがつかなくなることも多々あります。粉砕骨折でさえ、適切に治療すれば、多くの場合、正常に骨を修復し機能を回復することができます。

骨折の治癒過程では、炎症期、修復期、リモデリング期の3段階が重なりあって進行します。

炎症期:治癒は骨折のすぐ後に始まります。免疫系の細胞が患部に移動し、傷ついた血管から漏れた血液や、損傷した組織、骨片を除去します。

免疫細胞が他の免疫細胞を集める物質を放出し、患部への血流を増加させて、損傷部により多くの体液が流入するようにします。その結果、骨折の周辺部が炎症を起こして赤く腫れ、押すと痛みます。

炎症は骨折後2~3日でピークを迎えますが、治まるまでには数週間かかります。骨折した直後の痛みの大半は、炎症によるものです。

この段階と修復期では、骨折した部位を動かないように固定(例えばギプスや副子などで)しなければならないことがよくあります。

修復期:骨折から数日のうちに始まり、数週間から数カ月間続きます。骨折を修復するために、新しい骨(仮骨)が作られます。外仮骨と呼ばれるこの新しい骨は、最初はカルシウム(骨の密度を高めて骨を強くするミネラル)を一切含んでいません。新しい骨は軟らかく弾力があります。それゆえ損傷を受けやすく、治癒途中の骨が本来の位置からずれてしまう(転位する)こともあります。さらに、仮骨はX線検査で確認できません。

リモデリング期:リモデリングでは、骨の分解と再構築が行われ、骨が以前の状態へと回復します。この過程には何カ月もかかります。仮骨にカルシウムが沈着して硬さと強さが増し、X線検査で確認しやすくなり、骨の正常な形状と構造が回復していきます。

この段階では、徐々に患部を正常に動かせるようになります。徐々に通常の活動を再開し、損傷した部位にかかる負荷や体重を増やしていく必要があります。