Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link
肝炎ウイルス

肝炎ウイルス

感染経路

症状と予後(経過の見通し)

予防

幼児では通常は症状なし

通常は年長児および成人にみられ、急性肝炎の典型的な症状がみられる(食欲不振、吐き気、嘔吐、しばしば黄疸)

通常は完全に回復する

慢性化しない

食べものを取り扱う際の衛生状態を改善し、汚染された水を避ける

A型肝炎ウイルスにさらされた場合、A型肝炎ワクチンまたは標準的な免疫グロブリン製剤*

A型肝炎と比べて感染が起きにくい

血液や他の体液(精液、腟分泌液、唾液など)への接触—例えば以下の際に起こる:

  • 違法薬物の注射を目的とした滅菌していない針の共用

  • 刺青を彫るための滅菌していない針の再使用

  • 性行為

  • 出産

一般にA型肝炎より重篤で、死に至ることがある

B型肝炎患者にD型肝炎も存在する場合、症状がより重度になる

急性肝炎の典型的な症状に加えて、関節痛やかゆみを伴う赤いじんま疹(膨疹)

注射針の共用や複数のセックスパートナーをもつことなど、リスクの高い行動を避ける

B型肝炎ウイルスにさらされた場合(B型肝炎に感染している母親から生まれた新生児など)、B型肝炎免疫グロブリン*の投与とワクチン接種

血液や他の体液(精液、腟分泌液、唾液など)への接触—例えば以下の際に起こる:

  • 違法薬物の注射を目的とした滅菌していない針の共用

  • 刺青を彫るための滅菌していない針の再使用

  • 性行為(まれ)

  • 出産(まれ)

最初は通常は軽度または無症状だが、軽度と比較的重度の症状が交互に現れることもある

注射針の共用、刺青、ボディーピアスなどリスクの高い行動を避ける

現在利用可能なワクチンなし

血液や他の体液(精液、腟分泌液、唾液など)への接触—例えば以下の際に起こる:

  • 違法薬物の注射を目的とした滅菌していない針の共用

  • 刺青を彫るための滅菌していない針の再使用

  • 性行為

B型肝炎ウイルスと同時に感染した場合にのみ発生し、通常はB型肝炎を重症化させる

B型肝炎と同じ:

  • リスクの高い行動を避ける

  • B型肝炎に対するワクチン接種

  • B型肝炎ウイルスにさらされた場合、ワクチンとB型肝炎免疫グロブリン*

ときに感染した動物の肉の摂取

重度の症状、特に妊婦の場合

通常は慢性化しない

E型肝炎に対するワクチン接種(現在は中国でのみ利用可能)

*標準的な免疫グロブリン製剤:免疫系が正常な人の血液(血漿)から抽出された抗体を含有する製剤で、様々な病気の治療に使用されます。B型肝炎免疫グロブリンには、肝炎に対する抗体の濃度が高い人の血液から抽出した抗体が含まれます。筋肉内または静脈内への注射で投与されます。

B型肝炎またはC型肝炎に感染した妊婦から、ウイルスが新生児に伝染することがあります。